スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

平野復興大臣は「逃げないバカ」だった



平野復興相、津波被害の発言で釈明 - YouTube



民主党の会合で「私の高校の同級生のように逃げなかったばかなやつもいる」などと発言して、一躍脚光を浴びた平野達夫復興担当大臣。


【平野復興相発言】「個人の思いが入ってしまった。心からお詫びする」+(1/3ページ) - MSN産経ニュース




自分の命を守れなかったという意味ではバカな人なのかもしれません。一方では誰かのためにあえて逃げなかった人もいます。





前任の松本龍復興大臣は、失言したら職務を放り出してさっさと逃げる『利口なやつ』でした。平野さんは逃げずに難事に立ち向かうバカなやつ(いい意味で)なのか、考えずに発言するただのバカなのか、見きわめるいい機会になりそうです。

この平野さんという方は、青山繁晴が福島第一原子力発電所に取材に入った際に、圧力をかけたその人でした。そういうこともあって、もともとそういう人なのかな、という印象はありましたが。
(当時の平野氏は、内閣府副大臣)
平野新大臣も超ゴーマン!!福島原発に行った有名識者を「逮捕しろ」 - 政治・社会 - ZAKZAK

次の復興相、平野達男とは?【青山繁晴】 - YouTube


メディアや野党側は発言を追及していますが、民主党など一部には平野氏をかばう意見も見られます。まあ、こういう失言を責め立てる風潮を作ってきたのは、野党時代の民主党だったような記憶がありますので、自業自得で因果応報だとしか言いようがありません。
【平野復興相発言】輿石氏が平野氏擁護「マスコミの皆さんも反省を」 - MSN産経ニュース


震災復興の責任者(?)

それはそれとして、平野さんは復興担当大臣です。口は達者なようでなによりですが、肝心の仕事の方はあまり進んでいません。復興が進まないことの責任のほうが重いのではないか、という気もいたします。

もちろん、復興が進まないのは平野さんだけの責任ではないでしょう。菅内閣の末期あたりには、政権の延命忙しかったのでほとんど何も進まなかった。代わりの復興大臣といっても、次に出てくる人が平野さんより優秀だという保証もない。平野さんの前、松本復興大臣も暴言で辞任しましたから。

誰がどういう権限と責任を持って動いているのか(動いていないか)、非常にわかりにくい民主党政権ですが、この際なので役割を明確にしていただきたいところであります。


『政治主導』とはポストを増やしたいだけだったのか


民主党は政治主導をかかげて、副大臣や政務官の数を増やしました。しかし政治家のポストが増えて仕事がスムーズに進むようになったかというと、全くそうはなりませんでした。菅内閣ではさらに大臣を増やそうとしていましたが、誰がどういう権限と責任をもつのか、わかりにくくなるばかりで実現せず。
大臣3名増員の深読み - BLOGOS(ブロゴス

また、内閣参与も山ほど任命しましたが、言ってることがバラバラでまともに機能せず。『船頭多くして船山に登る』の見本のような情況を呈していました。
内閣官房参与人事 菅首相ほとんど関与せず - 毎日jp(毎日新聞)

野田内閣になってからも、失言で辞任した鉢呂氏、素人自慢をする大臣がいたり。大臣でこのレベルだとすると、副大臣、大臣政務官にはどれほど優秀な人材が揃っているのか。想像するだに恐ろしいことです。

野田内閣で復興庁の創設を目指しているようですが、果たしてまともな人材を集められるのかどうか。復興担当の特命大臣である平野さんがこんな体たらくでは、復興庁の存在意義そのものに疑問が出てきます。
asahi.com(朝日新聞社):閣僚1人増員、震災復興に専念 野田政権方針


がれきの撤去も遅々として進まず、復興担当大臣が『バカ』な失言ばかりしている。そういう現状を見ていると、復興庁なんて入れ物だけ作っても、政治家の肩書きと給料が増えるだけになってしまうのではないか、という気がしないでもありません。




asahi.com(朝日新聞社):平野復興相、津波被害への発言で謝罪

2011年10月18日20時57分

 平野達男復興相(参院岩手選挙区)は18日、福島県二本松市であった参院民主党の研修会であいさつし、東日本大震災の津波被害について「逃げて生き延びた方々もいる。逆に私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる」と述べた。平野氏は同日夜、「不快な思いをされた方に心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 平野氏は研修会で「彼は亡くなったが、検証して次に役立てることが大きな課題だ」とも述べた。その後平野氏は藤村修官房長官から真意を説明するよう求められ、記者団に「高校の友人で『何で逃げなかったのかな』という思いがあって、個人的な思いが入ってしまった」と説明した。

 自民党の大島理森副総裁は18日、「大臣として許されざる言葉だ。人を傷つける言葉を平気で言う野田政権に復興はできない。徹底的に大臣の資格を追及する」と記者団に語った。




「菅政権、僕を逮捕しようとした」 原子力委専門委員・青山繁晴氏が「暴露発言」 : J-CASTニュース

国の原子力委員会の専門委員、青山繁晴氏(58)が、インターネット動画番組で「菅政権側が僕を逮捕しようとした」と発言し、話題となっている。青山氏は早い段階で福島第1原発に現地入りし、吉田昌郎所長とのインタビューも撮影、その映像は後にテレビでも放送された。「逮捕話」とこの映像が関係しているという。本当なのか。

青山氏は共同通信の政治部記者をへて現在、独立総合研究所の社長を務めている。原子力委事務局によると、2007年から同委原子力防護専門部会の専門委員も務めている。青山氏の発言は、ネット動画サイト「ニコニコ動画」で2011年6月3日にあった原発事故関連の「生放送」で出た。


「捜査当局から電話があった」

青山氏は、福島第1原発敷地内の瓦礫処理問題について官邸側関係者とやりとりをしたという話の途中、「ちょっと余談言いますと」として次のような話を切り出した。

菅政権側は何をしようとしたかと言うと、僕を逮捕しようとしたんです」。捜査当局から「政権側から青山繁晴を逮捕しろ、ないしはしてくれ、と言われた」と電話があったのだという。

青山氏が「逮捕するのか」と質問すると、「絶対しない」との答えだった。違法性が「全くない」し、「国民に知られるべき情報」を伝えようとした行為だから、との説明だった。青山氏が撮影した福島第1原発映像に関する話のようで、「できるだけ放送させないように逮捕までやろうとしたのが、この菅政権なんです」と話した。

問題の原発映像は、4月22日に青山氏が福島第1原発敷地内を「東電の許可を取った上」で撮ったものだ。東電関係者が青山氏を案内している。ほとんどの場面で青山氏自身が撮影し、現状説明や感想を音声で吹き込んでいる。現地対策本部がある免震重要棟に入り、「初対面」の吉田所長から直接、現状の説明を受ける場面も映っている。吉田所長に対談時の撮影許可を求める場面や、各号機の原子炉建屋近くへ移動して撮った映像もある。建屋が大きく崩れている様子がよく分かる内容だ。

計1時間近いこの映像の一部は、ほどなくフジテレビ系の関西テレビなどで放送された。青山氏は、映像提供は「無償で」と説明している。




asahi.com(朝日新聞社):閣僚1人増員、震災復興に専念 野田政権方針

2011年10月14日8時38分

 野田政権は20日召集の臨時国会に提出する復興庁設置法案の付則に、閣僚を1人増やして復興に専念させる規定を盛り込む方針だ。成立すれば現在17人の閣僚枠は18人になる。ただ、自民党は法案修正を求める構えで、閣僚増員が実現するかどうかは不透明だ。

 法案の付則には、復興庁が廃止される2020年度末まで閣僚定数を1人増やして「18人以内」とする規定を設ける。復興担当の内閣府副大臣1人と政務官3人を新設することも可能にしている。復興庁設置に合わせた専任相の新設で、期間は復興庁が設けられる10年程度に限られるため、政権高官は「復興のための増員」と説明している。

 かつて付則に閣僚増員を盛り込んだ例もある。1971年に施行された環境庁設置法では、担当相(環境庁長官)を増員する規定を盛り込んだ。政権スタッフは「今回も環境庁を設置した際と同じやり方をした」としている。

 ただ、閣僚数を定めた内閣法に手をつけず、他の法律の付則で閣僚数を増やす手法は極めて異例。もともと閣僚増員は民主党政権の念願で、鳩山、菅両政権時代にも内閣法などの改正案を提出したが、野党の反対で実現しなかった。政権の法制担当者は「内閣法を正面からいじるのは面倒だから、復興庁設置法案で対応する」と明かす。

 自民、公明両党の反発は必至だ。先の通常国会で、自民党は閣僚を3人増やす内閣法改正案に「震災から時間が経ち、閣僚を増員しても効果が不明」と反論。復興庁設置法案にも「強い権限を持たせ、被災地の期待に応える我々の目標が無視されている」(額賀福志郎元財務相)と批判的だ。公明党幹部も「権限を集中させ、ワンストップで何でも出来るようにするのが復興庁の趣旨だった。法案は厳しく見ている」と指摘している。

     ◇

 〈閣僚の定数〉 内閣法は「14人以内とする。特別に必要がある場合は17人以内とできる」と定めている。菅政権は今年5月、復興対策などのため、内閣法と内閣府設置法の改正案を国会提出。閣僚3人、副大臣と政務官各6人の増員をめざしたが、野党の反対で廃案になった。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 民主党 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。