スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

平岡秀夫法相が岩国基地への移転反対するのは『個人的な想い』?





9月27日の衆議院予算委員会の質疑の中で、平岡秀夫法務大臣に対する質疑がありました。平岡秀夫大臣の地元、岩国基地への米海軍空母艦載機の移転について、「個人としては反対」と述べていたことについて。その他、朝鮮大学校の50周年祝賀会に参加したこと。そして、死刑執行を平岡氏の独断で停止している問題について。

前の総理大臣の『個人的な想い』で振り回されましたが、平岡大臣も『個人的な思い』をいろいろとお持ちのようです。


個人として反対? 閣僚として賛成?

空母艦載機の岩国移駐について、「政治家個人としての思い」として、「反対の気持ちは変わっていない」のだそうです。この発言は、法務大臣に就任した後、地元の山口県岩国市・山口市でのものだそうです。
平岡法相、就任後初の県内入り「地元の声、国政に」 - 山口新聞

質疑の中で河井議員は、「これが野田内閣の方針だから、米軍再編にぜひ協力して欲しい、と反対派住民を説得することにあるんじゃないですか」と指摘していました。

地元での平岡大臣の発言の中には、「政治の大勢、米国との関係では艦載機移駐を変更することが難しいという事実もある。地元の声を国政に届け、少しでも政策に反映されることを目指す」という部分もあります。説得しようとしているように見えなくもありませんが。

個人的には反対』しながら、民主党としては賛成だとか、閣僚としては賛成だとか、立場を使い分ける。平岡さんに投票した人はどう思ってるんでしょうか。どの立場を基準に投票するか(投票しないか)を考えればいいのやら。
岩国基地問題説明会、住民から不満の声爆発
短気で有名平岡法務大臣 国会でブチ切れの一部始終 : J-CASTニュース


辺野古沖への移設にも反対、普天間は閉鎖しろ

平岡氏のブログを拝見すると、民主党の代表選挙の時に書かれた記事があります。その内容を見ていくと、「普天間基地は辺野古への移設をすることなく閉鎖することを目指す」という記述があります。
(cache) 民主党代表選挙の争点2|平岡秀夫オフィシャルブログ 「至誠通天」

鳩山内閣が辺野古沖への移設案に戻して以降、菅内閣も辺野古沖への移設を目指していました。(移設に向けた努力は何もしていませんが) そしてもちろん、野田内閣になってからも日米合意に基づいて辺野古沖への移設を進める方針に変わりはありません。
首相「普天間移設に全力」米大統領「進展期待」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

辺野古へ移転せず普天間閉鎖」というのも、『個人的な思い』なんでしょう。しかし、普天間にいる空中給油機も、岩国基地へ移転することが決まっているのですが。普天間基地の移設について、どういう『思い』を持っておられるのか、気になるところです。




朝鮮大学校の祝賀会に参加

続いて、平岡大臣が2006年の朝鮮大学校の創立50周年祝賀宴に出席したことについても取り上げられました。民主公安当局者の答弁では、朝鮮学校はチュチェ思想教育を通して、北朝鮮の影響下にあるとの発言も出ておりました。
主体思想 - Wikipedia

民主党幹事長代理の城島光力氏が、金正日総書記の誕生祝賀会に参加したこともありました。朝鮮学校の祝賀会、金正日総書記の誕生祝賀会などに、日本の国会議員が出席する。そういう行動の意味を考えたことがあるんでしょうか。
金正日のお誕生日会に参加した民主党の城島光力さんも、市民の党に献金してた

平岡氏の製作や主張は、中国や北朝鮮を利する方向に傾いていることが多いのですが、このあたりのお付き合いが影響してるんじゃないか疑いを持ってしまいます。平岡大臣が選挙で市民の党の支援を受けていたのも、相応の理由があるのかもしれません。
平岡秀夫法務大臣の影にも市民の党が




死刑執行を勝手に停止

最後に、平岡大臣が死刑の執行しない方針であることについての質疑。平岡氏は、死刑制度の廃止についての『個人的な思い』を、ずっと持っておられるようです。
「犯罪者にも事情がある」 民主党・平岡秀夫法相の発言 【太田総理】 - YouTube

しかし、死刑執行については、法務大臣である平岡氏が権限を持っている。これは『個人の思い』ではすまない問題です。実際に、裁判所で出された死刑判決を、法務大臣が『個人的な思い』だけで勝手に止めてしまう形になっている。
(民主党政権になってからずっとですが)

死刑制度に反対ならば、死刑廃止を国民に訴えるなりして、法律を改正など正式な手続きを踏まなければならないはず。現在の法律で死刑制度が定められている以上、それを平岡法務大臣の「『個人的な想い』で止めてしまうのは、無法者のやることです。

民主党政権が法律を無視したり、手続きを無視したりするのは、今に始まったことではないのですが。国民の多くが死刑制度を認めているので、世論に問うだけの覚悟もないのでしょうけれど。信念があるんだかないんだか、よくわからないお人です。




平岡法相、就任後初の県内入り「地元の声、国政に」 - 山口新聞

2011年9月18日(日)掲載

平岡秀夫法相は17日、大臣就任後、初めて山口県入りし、地元岩国市と山口市で会見を開いた。米軍再編、上関原発建設など地元が抱える問題や死刑制度の是非について現時点での考えを示し、「野田政権が国民の信頼を回復できるよう閣僚の一員として支えたい」と意気込みを語った。

所管外の件は政治家個人としての思いにとどめる」と前置きした上で、空母艦載機岩国移駐について「反対の気持ちは変わっていないが、他方で政治の大勢、米国との関係では艦載機移駐を変更することが難しいという事実もある。地元の声を国政に届け、少しでも政策に反映されることを目指す」とした。

愛宕山開発跡地の売却
に対しては「売却は当事者間の問題で口出しすることではないが、米軍住宅が建設されことへの市民の声をどう受け止めるか移駐反対の流れからいけば、反対という気持ちを持っているが政権の動向や米国との関係から言えば、米軍住宅反対の方々にとっては厳しい状況にあるのも事実だ」と述べた。




平岡法相:「原発新増設は難しい」 入閣後、初の岩国・山口で会見 /山口 - 毎日jp(毎日新聞):

 ◇米軍再編に伴う岩国基地問題「地元の声、反映させたい」

 一方、米軍再編に伴う岩国基地への艦載機移転問題について「政治家個人としては、愛宕山地域開発事業跡地に米軍住宅をつくることを含め、反対の気持ちは変わらないしかし、米国との関係では、艦載機移転の変更や米軍家族住宅をつくらないというのは難しいという認識がある」との考えを示した。その上で「基地周辺や地元の声を、少しでも政策に反映されることを目指したい」と述べた。




朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴 世界平和に貢献する大学に - 朝鮮新報

 朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴が10日、東京・新宿の京王プラザホテルで行われた。朝大の張炳泰学長、朴英植理事長をはじめとした教職員、記念事業実行委員会の朴忠佑委員長と委員ら、朝大の功労者たち、そして日本の大学教授や学者、研究者、メディア、スポーツ、芸術分野関係者、各国の大使ら300数人が参加した。総連中央の徐萬述議長と許宗萬責任副議長をはじめ総連中央と中央団体各責任者らがともに参加した。

 祝賀宴では張炳泰学長があいさつした。学長は、民族教育を支持し朝鮮大学校に温かい支援をくれた日本人士をはじめ来ひんらに謝意を表し、これからも祖国の繁栄と自主的平和統一、朝・日友好親善とアジアの繁栄、世界平和に貢献していきたいと述べた。

 祝賀宴では来ひんを代表し埼玉大学の鎌倉孝夫名誉教授があいさつ。祝電が紹介された。また、日本体育大学の正木健雄名誉教授、東京国際大学の下羽友衛教授、早稲田大学の木名瀬亘名誉教授が祝辞を述べ、平岡秀夫衆院議員(民主党)があいさつした。

 祝賀宴では朝鮮大学校の50年の歩みをまとめたビデオが上映され、多くの写真が展示された。

 参加者たちは思い出話しに花を咲かせ、50周年の喜びを分かち合った。

[朝鮮新報 2006.11.15]

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 民主党 北朝鮮 中国 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。