スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

「韓国や中国から電力を輸入」 小沢鋭仁氏の斬新すぎる発想



民主党代表候補のうちの一人である小沢鋭仁氏。代表選の目玉公約として、「海外から電力の直接輸入を行う」という、エネルギー政策(?)を打ち出した。輸入先としては、韓国や中国などをあげている。

そもそも中国や韓国には電力輸出する余裕がない
中国はエネルギーの9割ほどを自給している。にもかかわらず、中国では今年の夏3000万kWの電力が不足すると報道されている。石炭の価格高騰で火力発電が稼動できず、干ばつによる水不足で水力発電の発電量も落ちているため。
中国でも「電力不足」深刻化 夏場に計画停電も実施へ+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

韓国は日本と同様、エネルギーを海外からの輸入に頼っている。そのうえ、電力の予備率は5.6%しかなく、発電量そのものも日本に比べると小さい。小沢鋭仁氏が輸入先の候補としてあげているが、中国や韓国には、他国へ電気を輸出するような余裕はまったくない

※なんて言ってる間に、ついに韓国が停電を起こした。→韓国の電力事情では停電が起きて当たり前

どうしても輸入したいというのなら、中国や韓国に対して、「日本に輸出するために発電所を建ててください」とお願いすることから始めないといけない。そして必要な資金を提供し、さらに発電用の燃料も提供したり、海底ケーブルや日本への送電網も整備する、なども必要かもしれない。

どう考えても日本国内に発電所を造ったほうが早いし安い


エネルギーを海外に依存する意味
中国も韓国も、電気料金は政府が統制している。そのため、石炭など資源価格が高騰しても、電気料金を値上げすることが出来ない。どちらの国でも原価割れで、売れば売るほど電力会社は赤字をかかえることになる。それが、両国の電力不足の一因にもなっている。

といっても、日本にも原価割れの安い価格で電気を売ってくれる、なんてことはないだろう。エネルギーを他国に依存すれば、高い価格をふっかけられても文句は言えない。あるいは、「電気が欲しければ尖閣よこせ」とか、「竹島よこせ」なんてことを言われるかもしれない。


ある意味では、小沢鋭仁氏は民主党の代表にふさわしい人物かも
海底ケーブルのメンテナンスや送電網の整備など、技術面やコストの問題もある。外交や安全保障にも大きな影響が出てくる。仮に電力輸入が可能だとしても、「国と国の間に海底ケーブルを1本引けば全て解決する」、というような簡単な話ですむはずがない

とはいえ、(実現不能な)夢があふれる物語を公約に掲げるのはじつに民主党らしい、とも言える。

小沢鋭仁氏が環境大臣だった時には、その負担も考えずにCO2を25%削減する方針を表明した。それに絡んで、温暖化対策法案に原子力発電の利用を明記すべき、とも言っていた。

それが今では電力輸入で脱原発だ、という。その場その場で、人気の出そうな方向に発言が変わる風見鶏ぶりも、ポピュリズム政党としては合格だろう

そういう点で、小沢鋭仁氏は民主党代表にふさわしい人材なのかもしれません。




時事ドットコム:海外から電力輸入を=小沢元環境相

 民主党代表選出馬を目指す小沢鋭仁元環境相は22日、時事通信のインタビューに応じ、原発からの段階的撤退を目指す立場を改めて示した上で、代替エネルギーに関し「海外から電力の直接輸入を行う」と語った。ドイツなどは電力を輸入しているため「脱原発」への転換が可能だったとの指摘があることから、日本も原発依存度を減らすため、電力輸入に踏み切るべきだとの考えを示したものだ。

 小沢氏は「(輸入先は)韓国、中国などいろんな国の可能性があっていい。国と国の間に海底ケーブルを1本引けば全て解決する」と語った。同氏は代表選の目玉公約として訴えていく考えだ。

(2011/08/22-19:08)




Yahoo!ニュース - 意識調査 - 原発利用、約6割が温暖化法案へ「明記すべき」

原発利用、約6割が温暖化法案へ「明記すべき」

小沢鋭仁環境相は、政府が今国会に提出する地球温暖化対策基本法案に原子力発電の利用を明記する方針を示しました。あなたは温暖化法案に原発利用を明記すべきだと思いますか?

明記すべき59%、明記すべきでない37%、わからない6%

(実施期間:2010年2月23日~2010年3月2日)




中国も最悪の電力不足に 統制経済の弱み露呈 (1/2ページ)より抜粋

(2011年5月29日 Forbes.com)

 今年の場合、鉄道輸送能力は十分であり、発電能力にも問題はない。ならば、なぜ今深刻な電力不足が起きるのか?

 まず現在起きている干害は、少なくとも過去半世紀で最悪であることが挙げられる。河川の水量は低く、このため水力発電所の発電量は平時より約20%少なくなっている。

 だが主な問題は水不足ではない。水力発電は通常でも中国全体の発電量のわずか22%を占めるにすぎない。残りの大部分、具体的には73%は石炭火力発電が占める。

 水不足以上に重要な要因は、石炭の価格が急騰していることだ。石炭の現物価格は、原子力発電所が停止した日本が購入量を増やしたこともあり、年初から20%上昇した。それに対して中国の電気料金は今春、わずか2.5%引き上げられただけだ。


(2/2ページ)

 こうしたミスマッチは過去半世紀にわたって続いてきた。この間、石炭価格は2倍以上になったが、中国内の電気料金の上昇幅は3分の1にとどまった。この結果、電力会社の経営はひどく圧迫されてきた。石炭火力発電所は今年の1~4月までの4カ月間で100億元(約15.4億ドル)の損失を出した。電力会社の中国電力国際発展の会長はこのほど、中国に436カ所ある石炭火力発電所のうち20%が破産する可能性がある、と警鐘を鳴らした。

 電力価格を固定することで、今回の危機を招いたのは中国政府だ。公式および非公式な価格統制をしなければインフレが制御不可能になりかねない状況の下、中国の指導部は特に電気料金の水準維持に固執している。




「電力がぶ飲み大国」韓国の現実
電気料金は日本の半分以下、原価割れで電力公社は巨額赤字
 2ページ目より

|燃料輸入コストは日本より高い
 一般家庭用の電気料金も安い。韓国政府によると、韓国の電気料金は経済開発協力機構(OECD)加盟国の平均額に比べ家庭用、産業用ともにだいたい半額の水準だという。

 韓国は、石油や天然ガスなどを全量輸入している。原子力発電所への依存度も30%を超えているが、基本は「輸入したエネルギーを使って発電して供給する」構造で、資源高がそのまま跳ね返っているはずだ。

 さらに、日本とは反対に、ここ数年間は、政府が「輸出産業支援」のために露骨なまでに為替相場をウォン安に誘導しており、エネルギー輸入のウォンベースでの負担額は急増している。

 にもかかわらず、これだけ電気料金が安いのはもちろん、政府が料金を管理しているためだ。その負担を独りでかぶっているのが韓国電力なのだ。

 韓国では、2011年8月1日から電気料金が値上がりした。原油価格の値上がりなど受けたやむを得ない措置との説明だが、値上げ幅を見て驚いた。平均4.9%。当初の計画では7.6%前後だったが、「物価抑制」という理由で値上げ幅が圧縮された。

|原価割れだから安くて当然、雪だるま式に膨らむ赤字
 電気料金引き上げを発表した知識経済部長官(日本の経済産業相)の会見の様子を見てもっと驚いた。「今の電気料金は原価の86%にすぎないが、庶民の負担や物価動向を考慮して引き上げ幅を最小化した」

 韓国の電気料金は安いはずだ。電気料金は、「原価割れ」だったのだから。これでは、韓国電力が赤字から脱却できるはずがない。


「電力がぶ飲み大国」韓国の現実 4ページ目

|いずれは納税者が負担せざるを得ない「隠れ債務」
 主要国の1人当たりの電力消費量を見ると、韓国は、カナダ、米国というエネルギー大国に次いで3位。日本よりも10%ほど多い「電気がぶ飲み国」なのだ。

 こんなことがいつまでも続くはずがない。冒頭で触れたように、韓国電力の赤字は急増し、負債額も雪だるま式に膨れ上がっている。上場しているとはいえ公企業の負債だから、どこかで税金で処理せざるを得ず、これこそ「隠れ債務」だ

 もう1つ、深刻な問題がある。電力使用量の急増で、電力不足が深刻になっているのだ。

|韓国の電力供給も綱渡り
 ここ数年、韓国のメディアは、夏と冬の電力使用ピーク時を前に「大規模停電の可能性」に関する記事を掲載している。日本では最近「電力使用率」を使うが、韓国では、「電力予備率」という数値を使うことが一般的だ。

 2011年は、需要増のペースに供給増が追いつかず、この「電力予備率」が2010年の6.4%から5.6%にまで低下する可能性が出ている。「韓国の電気供給も綱渡り」(韓国の大手製造業役員)なのだ。

 韓国政府ももちろん、国民に「節電」を呼びかけている。だが、少なくとも現時点では、まったく他人事だ。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 民主党 中国 韓国 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。