スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

大連立以前に、民主党そのものがまとまらない



大連立が民主党の代表選挙のテーマのひとつになっているらしい。代表候補では野田さんなどが大連立に熱心だが、福田内閣の時には大連立に反対していた、という報道もあった。情報源が民主党内部のメモということで、このタイミングで流れてきたのは、対抗陣営からのリークだろうか。たしかに以前は反対だった人が多かったはずだが、、民主党は当時野党だったということもある。立場が逆になった今の状況では、大連立のほうが有利だ、という判断になったのかもしれない。


解散はしたくない
今の衆議院には、政権交代バブル絶頂期に民主党が獲得した300議席がある。もしも解散総選挙となれば、300より減るのは確実。しかも、政党支持率や地方選挙の結果などから、政権返上となる可能性もかなり高い。なんとしても解散は避けたいはず。しかも、選挙に向けての支持率アップのために、なんらかの実績も残さないといけない。そのためには大連立しかない、ということだろうか。

しかし、政策の違う党が連立を組むことがいかに大変か、民主党もわかっているはず。国民新党、社民党との連立では苦労したのだから。普天間問題では社民党とケンカ別れになり、郵政見直しで国民新党ともどうなるかわからない。

自民党や公明党と組むとなればもっと大変だ。選挙では政策をぶつけあってきたし、お互いに批判もしあった。与謝野さんが立ちあがれ日本を離党して、民主党政権で入閣したときも、その点で批判があった。それと同じことになる。


民主党の中ですらまとまってない
与野党が子供手当ての廃止でまとまったか、と思うと、子ども手当て存続のビラがまかれたり、民主党の機関紙に「存続」と載ったりする。子供手当てなど、マニフェストの見直しに対する抵抗は、民主党内でもかなりあった。内部で足の引っ張り合いをしてるのか、なんだかよくわからない。

こいうことがあると、政党同士の信頼関係はどうにもならなくなってしまう。民主党内部がバラバラでは、他の党と連携できるはずもない

しかし、もともと民主党には綱領がなく、政策的にもバラバラな人たちの集まりだった。政権交代をめざす、権力を掌握するという一点だけが、民主党をつなぎとめていた。ところが、政権交代という目的が果たされると、それが内輪の権力争いに変わってしまった。小沢さんをはじめとする人たちは陳情仕分け(陳情独占)などで、権力を独占しようとした。それに反対する人たちは、金の問題で小沢さんを追い落とそうとした。今は菅さんも北朝鮮がらみの金の問題も抱えている。


まず党内でコンセンサス得ろよ、何もしないぞ
新しい代表の仕事は、まず民主党をまとめあげること、でしょう。誰がやっても、民主党をまとめるのはたぶん無理なんじゃないか、という気もしますが。最初から同床異夢、バラバラだったのですから。逆に党を割ってしまって政界再編、という選択肢もあるのかもしれませんが。




時事ドットコム:野田財務相を批判=「大連立ありきは不誠実」-自民・石破氏

 自民党の石破茂政調会長は19日午前の記者会見で、民主党代表選に出馬する意向を固めている野田佳彦財務相が「101回でもプロポーズする」と自民、公明両党との大連立を目指す考えを示していることについて、「テレビ(ドラマ)の題名みたいな話だが、何のための大連立なのか。何が何でも大連立ありきという考え方はかなり不誠実だ」と批判した。

 一方、石破氏は、東日本大震災の本格的な復興策を盛り込む2011年度第3次補正予算編成に向け、民主、自民、公明3党が政策協議を行うべきだと指摘。3党協議により子ども手当修正で合意したことなどを挙げ、「なぜ今のスタイルでは駄目なのか、大連立を提唱する側は明らかにする責任がある」と語った。

(2011/08/19-12:20)


時事ドットコム:大連立、07年時は野田氏が慎重論=民主役員会のやりとり判明

 民主党が野党時代の2007年11月、自民党との大連立の是非について役員会で話し合った際のやりとりの詳細が18日、党関係者が残していたメモで分かった。それによると、野田佳彦財務相は、自民党との大連立に慎重な考えを表明。代表選に向けて大連立に意欲を示す今とは異なる立場だった。

 当時の福田康夫首相と小沢一郎代表による党首会談を受けて、役員会は行われた。メモによると、小沢氏が福田氏から連立要請があったことを報告し、「推進できればいい」と理解を求めた。これに対し、輿石東参院議員会長、選対委員長だった赤松広隆氏が反対を表明。小沢氏が「条件が整えば実現したい」と食い下がると、広報委員長の野田氏は「連立はいかがなものか」と慎重な考えを示した。 

 さらに簗瀬進参院国対委員長、千葉景子総務委員長(ともに当時)が反対意見や慎重姿勢を伝え、小沢氏は「駄目なんだな。分かった。断ってくる」と議論を打ち切ったという。

(2011/08/18-21:08)




子ども手当:ビラ作製を陳謝し配布中止--民主党 - 毎日jp(毎日新聞)

 民主党の安住淳国対委員長は18日、自民党の逢沢一郎国対委員長と国会内で会談し、廃止の決まった子ども手当を「存続する」と説明するビラを作製していたことについて「ご迷惑をおかけした」と陳謝した。民主党は18日、党所属国会議員に、ビラの配布を中止するよう文書で通知した。

 これに関連し、民主党の岡田克也幹事長は18日の記者会見で「現在の子ども手当がそのまま存続するとの誤解を与えかねない。不適切な表現だった」と表明。今後3党合意の趣旨に沿ったビラを改めて作製する考えを示した。自民、公明両党は民主党のビラについて、子ども手当を廃止し、旧児童手当を復活・拡充させるとした3党合意に反するとして猛反発していた。【山田夢留】

毎日新聞 2011年8月19日 東京朝刊


時事ドットコム:民主機関誌でも「子ども手当存続」

 民主党は19日発行の機関誌「プレス民主」の最新号で、「『子ども手当』の存続が決定しました」との記事を掲載した。同党は手当存続を訴える支持者向けのビラを作成したが、自民、公明両党の反発で配布中止を決めたばかり。2011年度限りで廃止するとの3党合意をまたも軽視したといえそうだ。

 機関誌では「与野党協議の結果、子ども手当の廃止を回避した。恒久的な子ども手当の形が3党で合意された」と指摘し、旧児童手当時代よりも支給対象や支給額が増えていることを紹介した。3党が「必要な見直しを検討する」と合意した高校授業料無償化に関しても「野党も決して趣旨には反対しておらず、絶対に続けていくべきだ」とアピールしている。 

 これに対し、自民党の石破茂政調会長は19日の党政策会議のあいさつで、「大本営発表でもここまでひどくなかったのではないか」と批判した。

(2011/08/19-20:00)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 民主党 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント


国民から金を収奪してバラマキするだけしか能がない党は滅亡せよ

【「雛祭り」替え歌】

1.国を売りましょTPP
税率を上げましょ消費税
国賊だらけのミンス党
自殺者増え行く日本国

2.三度のご飯を二度にして
おかずも減らしましょ金が無い
それでも消費税増税だ
国民いじめのミンス党

3.買い物を控えましょ消費税
貧乏暇無し低賃金
酒もたばこも増税だ
不景気加速の悪の国

4.贅沢三昧官僚と
貴族暮らしの付き合いで
ロボット政権生き延びて
若者死に行く日本国

5.年金制度はもう破綻
おまけに増税ダメ押しだ
経済政策丸で無し
不景気で潰れ行く日本国

6.世襲議員のボンボンと
贅沢三昧の官僚が
無能政権を操って
増税政策に走り出す

7.朝令暮改の鳩ポッポ
続いてイラ缶のダメ政権
とどめは野ダメが出て来たぞ
ミンス政権泥の船

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。