スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

民主党・後藤祐一氏の応援に見る、市民の党と民主党の親和性



市民の党は身分を隠したゲリラ的な活動をしていることが多いのですが、まれに公式の場にも顔を出します。たとえば、民主党の後藤祐一氏を推薦するという形で。

気になったのが、実にキレイな言葉が並んでいるな、ということ。民主党のマニフェストを見たときにも感じたことではありましたが、美辞麗句を並べるところも共通してるんだな、と。

格差是正』、『選挙を変えなければ政治は変わらない』、『ボランティアとカンパによる市民選挙』。とても素晴らしい言葉が並んでおります。もちろん、選挙ポスターや機関紙に、都合の悪いことを書く人はいませんが。

格差是正』の格差とは、日本人と北朝鮮人民の生活の差のことだったのか。そのために三鷹市議選挙に北朝鮮育ちの森大志氏を擁立したのでしょうか。

政治を変える』という言葉も、よど号、連合赤軍など過激派勢力との関わりを考えると違う意味に見えてきます。つまり日本革命、民主主義の破壊という意味に。

ボランティアとカンパ』というが、市民の党に寄付しているのは、ほぼ全員が市民の党関係者、そして菅直人氏をはじめとする民主党関係者だった。ボランティアといいながら、多額の人件費が計上されていた。これが市民選挙、ボランティア選挙?

悪人面した詐欺師はいない、といいます。やはり人を騙すには、善人のようにふるまうのが一番なわけです。改革、平等、平和、エコ、安全、無料。うわべの言葉だけでなく、その中身について注意してみなければ、簡単に騙されてしまいそうです。




市民の党ニュース第1号 2006年10月1日

市民の党 後藤祐一さん推薦

政権交代めざしスクラム!
左から、斎藤まさし・市民の党代表、ごとう祐一、菅直人・民主党代表代行(9月8日の記者会見で)

衆院神奈川16区のエリア内に4人の県議・市議を有する市民の党は、9月8日に厚木市内で記者会見し、10月22日投開票の衆院神奈川16区補欠選挙において、民主党公認で立候補を予定しているごとう祐一さんを推薦して、党の総力を挙げてたたかうことを発表しました。

記者会見ではまた、市民の党に所属する4人の県議・市議(長谷川くみ子・神奈川県議、なら握・厚木市議、内海みつお・厚木市議、東條えみ子・相模原市議)と市民が「政権交代をめざす市民の会」(代表/なら握厚木市議)を立ち上げたことが報告されました。この会を中心に、ごとう祐一さん応援の輪を広げていきます。

この補欠選挙は、安倍政権になってはじめての国政選挙。その結果は、来年の参議院選挙、次期衆議院総選挙のゆくえを大きく左右します。格差を正す政権交代実現の可能性を大きくできるのか、それとも格差をさらに広げる政治を続けさせるのか___16区のみなさん一人ひとりの選択にかかっています。


政権交代をめざす市民の会

ごとう祐一さんを応援します!



市民の党代表 斎藤まさし
今年に入って市民の党が全力で応援したのが4月の衆院千葉7区補欠選挙と7月の滋賀県知事選挙。この2つの地域的な選挙の勝利は、自公政権による格差拡大政治に痛撃を加えました格差を是正するには、政権交代を実現しなければなりません。ごとうさんと16区有権者の勝利こそ、政権交代を近づけます



市民の党って?
選挙を変えなければ政治は変わらない!」と、全国各地でボランティアとカンパによる市民選挙を実行しています。21世紀に入ってから、既成の大政党や労働組合・宗教団体などが推す相手を向こうにまわし、千葉県の堂本知事や、広島の秋葉市長新潟の篠田市長、最近の滋賀県の嘉田知事まで、市民派首長や国会議員を次々と誕生させた。代表の斎藤まさしは、マスコミで「無党派選挙の神様」、「市民派選挙の請負人」、「ボランティア選挙の伝道師」などと呼ばれている。




政権交代は市民の力で 立川市議会議員 五十嵐けんのブログ

2006 年9月9日神奈川新聞

「市民の党」が後藤氏を推薦 政権交代へ総力応援
 

 全国で勝手連的な市民派選挙を進める「市民の党」が8日、衆院16区補選に民主党公認で出馬予定の後藤祐一氏(37)を推薦すると 厚木市内で発表した。市民レベルでつくる「政権交代をめざす市民の会」を設立し、幅広く支援を呼び掛ける。

 市民の党代表の斎藤まさし氏は「格差是正や教育問題などを国レベルで解決するには政権交代しかない」と強調。後藤氏を「政権交代実現男」のキャッチコピーで総力を挙げて応援していく方針を示した。

 会見には、市民の党に所属する地元の県議、市議4人のほか、民主党の菅直人代表代行や浅尾慶一郎県連代表、後藤氏が同席。菅氏は「ほぼ間違いない安倍政権と1回目の勝負。この地域で後藤君が当選できれば、大変大きな政治的意味がある」と述べた。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 市民の党 民主党 酒井剛 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。