スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

会議室の机上計算と、現場で実際に起きることの違い



世の中は机上の計算どおりに行かない、という話。
情報にじかに触れる現場と、指示を出す司令室では、時に認識が180度違っている、という話。

ある映画では「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ」というセリフがありましたね。(フジテレビがまともだった時)



代替「火力」は故障多発 フル稼働しわ寄せか +(1/2ページ) - MSN産経ニュース

2011.8.17 20:57

 原子力発電所の代替電源として依存度が高まっている火力発電所だが、トラブルが相次ぎ、電力需給を逼(ひっ)迫(ぱく)させる要因になっている。本来ならば、ピーク需要時の電力供給をバックアップする役割の火力発電所フル稼働を強いられ、過度な負荷がかかっていることが予期せぬ故障につながっている可能性もある。

 東北電力の秋田発電所2号機(石油火力、秋田市)で17日、配管から蒸気漏れが確認され、35万キロワットの供給が止まった

 お盆休みの13日には、関西電力の堺港発電所2号機(ガス火力、大阪府堺市)のタービンが損傷し、40万キロワットの供給が停止。中国電力の三隅発電所1号機(石炭火力、島根県浜田市)でも9日、配管損傷が見つかり、原発1基分に相当する100万キロワットを喪失した。


(2/2ページ)

2011.8.17 20:57

 三隅の停止は、原発事故後の電力供給不安の中で2度目。堺港の場合、復旧に数カ月かかる見通しだ。

 関電によると、火力発電所が1日以上停止したトラブルは、4月から7月末までに13件発生している。昨年度の29件に比べてペースは早く、夏場の電力需要への対応のため、定期検査を先延ばししていることなどが影響しているようだ。

 東京電力でも、老朽化により休眠させていた横須賀発電所(石油火力、神奈川県横須賀市)を緊急に再稼働させるなど「余裕のない運転状況」(幹部)のまま、原発停止を何とか火力で補っている。電力供給量を公表する関係から、例年ならオープンにしないトラブルが公表されることも、「不安」を高めている。

 日本は昭和40年代の石油危機を受け、原発を基幹電源に位置づけ、発電電力量の7割以上を頼っていた石油火力の依存度を1割以下に低下させた。原発再稼働が見込めない中で、再生可能エネルギーの活用などエネルギー戦略の見直しが欠かせない。21世紀政策研究所の澤昭裕・研究主幹は「コスト削減や効率を高める技術投資資源外交の強化が必要になる」と指摘する。




福島第1原発:東電、水素爆発予測せず ベント手順書なし - 毎日jp(毎日新聞) (抜粋)

 ◇震災翌日の首相視察「目的分からぬ」

 「目的が全く分からない」--。菅直人首相が東日本大震災翌日の3月12日、東京電力福島第1原発を視察したことについて、現場のスタッフが政府の「事故調査・検証委員会」の調べに、懐疑的な感想を述べていることが明らかになった。

 菅首相からの「なぜこんなことになるのか」との質問には、「自由な発言が許され、十分な説明をできる状況ではなかった」と振り返る説明があった。また、海江田万里経済産業相が12日午前6時50分、1号機の原子炉格納容器の圧力を下げるベントの実施命令を出したことに、現場は違和感が強く、意図的にぐずぐずしていると思われたら心外」と受け止めたという。

 陸上自衛隊のヘリコプターによる使用済み核燃料プールへの放水には、「ありがたかったが、作業効率が極めて低いと感じた。プールに入っていないと思われるケースが多かった」との感想があったという。

 <ベント>

・ベントや注水に必要な資材が福島第2原発などに誤搬送され、第1原発から取りに行く人員を割かれるなど、本店のサポート体制は不十分

・海江田万里経済産業相のベント実施命令には違和感が強く、意図的にグズグズしていると思われたとしたら心外


 <菅首相の福島原発視察>

・12日早朝の首相来訪は目的・趣旨がまったくわからない

 <海水注入>

・防火水槽の淡水貯水量には限界があり、いずれ海水注入が必須になるとの認識はあった

・12日夕に官邸、東電本店から海水注入中断の指示があったが、注水を続けないと大変なことになるので、従ったふりをして継続


 <ヘリ、放水車などによる放・注水>

電源復旧作業の中断を余儀なくされた

散発的な放水は作業効率が低く、使用済み核燃料プールに入っていないと思われるケースが多かった




豪雨で水力発電停止、東北電力100万kW失う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 7月末に新潟、福島両県を襲った記録的豪雨により、両県にある東北電力の水力発電所計29か所が運転を停止し、計100万キロ・ワットの供給力が失われていることが5日、わかった。

 この影響や、気温の上昇による電力需要の高まりにより、電力の供給力に対する使用量を表した「使用率」は、5日は最大で97・7%に達し、東北電が安定して運転できる目安としている95%を超えた東北電は4日から、東日本大震災後初めて東京電力から30万キロ・ワット分の電力融通を受けており、5日はこれでしのいだが、施設の復旧が遅れれば電力供給が綱渡りの状況が続く可能性もある。

 東北電によると、豪雨で発電設備が冠水した発電所が出たほか、増水し河川にごみが浮いていることから、福島県で16か所、新潟県で12か所の水力発電所で運転を止めた。別の1か所は点検に伴い運転を停止中。

(2011年8月5日21時21分 読売新聞)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。