スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

国際窃盗団グリーンピース幹部の有罪が確定



時事ドットコム:環境団体2人が上告断念=青森の鯨肉窃盗、有罪確定-仙台

 青森市の運送会社から鯨肉を盗んだとして、窃盗などの罪に問われた環境保護団体グリーンピース・ジャパン事務局長佐藤潤一被告(34)と元メンバー鈴木徹被告(44)は上告期限の26日、一審の執行猶予付き有罪を支持した仙台高裁の判決に対する上告を断念した。2人の有罪が確定した。

 佐藤被告は「判決には不服だが、過去の最高裁判例から現実的に判断した」と話した。
(2011/07/27-00:08)


鯨肉窃盗:環境保護団体幹部ら上告断念 有罪確定 - 毎日jp(毎日新聞)

 調査捕鯨の鯨肉を盗んだとして窃盗罪などに問われ、仙台高裁から懲役1年、執行猶予3年を言い渡された環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」の幹部、佐藤潤一被告(34)と元メンバー、鈴木徹被告(44)が上告を断念したことが26日、分かった。同団体が明らかにした。27日午前0時に有罪判決が確定

 佐藤被告は取材に対し「判決は不服だが、環境保護団体として福島第1原発事故の調査に力を入れたい」と話した。2人は「鯨肉横領を告発するための正当な行為」と無罪を主張していた。

 2審の仙台高裁判決によると、2人は英国人男性と共謀し08年4月、西濃運輸の青森支店の配送所に侵入、調査捕鯨船の乗組員が北海道函館市の自宅に送った鯨肉約23キロ(5万9000円相当)を盗んだ

毎日新聞 2011年7月26日 22時24分

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。