スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本



OECDの農業保護指標のひとつに、TSE(Total Support Estimate:助成総額)というものがあります。
2012 J) OECD countries : Total Support Estimate by country

農業部門に対してどの程度の助成が行われているか表す数値。関税等により農産物価格が高く維持された場合の消費者負担の他に、「研究、インフラ、検査、マーケティング、販売促進などの農業向け一般サービスへの助成」など、関連するあらゆる補助金による納税者負担も含めます。

この指標を元にアメリカと日本の農業部門に対する助成の大小と、その推移を比較してみます。

OECD Observer 日本語版 農業:いくつかの基本的事実

消費者と納税者の負担は?

 ほとんどの国で農業支援の最大の負担者は消費者である。これは,市場価格支持が政策的手段の圧倒的な中心となっているためである。市場価格支持は 食料品コストを押し上げる。OECDの推計によれば,国産食糧に対する消費支出は世界市場価格よりも34%も高い。消費者と納税者によるOECD農業に対 する援助総額(TSE)は,1998年に3,620億ドルと推計されている。援助の水準は各国ごとに大きく異なり,消費者と納税者の負担総額は,4人家族 の平均所帯当たり100ドルから3,500ドルの範囲にある。


[PDF] OECD諸国の農業政策:監視と評価2007年版 日本語要約

一定の削減にもかかわらず、OECDの農業は引き続き高水準の助成を特徴としている


……研究、インフラ、検査、マーケティング、販売促進などの農業向け一般サービスへの助成を合わせた2004~06年の農業セクター助成総額を見ると、OECD全体のGDPに占める割合(%TSE)は1.1%で、1986~88年の平均である2.5%の半分以下となっている。



アメリカの農業助成総額は20年間で倍増


まずは、アメリカの農業に対する援助総額(TSE)の推移をグラフ化。数値はドル表示。

2011年時点でおよそ年間1467億ドル。
700億ドル前後だった20年前の水準に比べると倍増している。

日本円でいえば、当時の1ドル=80円程度のレートだと11兆円ほど。
現在の1ドル=100円近い水準だったなら、だいたい14兆円というところ。

アメリカ農業部門助成総額

日本の農業助成総額は3分の2まで減少


次に、日本の農業に対する援助総額(TSE)の推移。
OECDのドル表示の数値に毎年のドル円レートを掛けて、適当に円表示に換算。
世界経済のネタ帳 USドル/円の為替レートの推移

2011年時点では、5兆7000億円ほど。(ドル表示では717億ドル)
ピークだった94年の9兆3000億円に比べると、3分の2以下の水準。

当時は93年の冷夏で米が不作になり、タイ米が緊急輸入されたり、その後の米の自由化などもあった時期。
1993年米騒動 - Wikipedia

日本の農業部門助成総額

日米間の農業助成総額の差は開く一方


最後に日本とアメリカの農業助成総額の変動の違いを比較。
今回は比較のため、日本の農業総助成額もドル表示のまま。

90年代初めまでは日米の助成総額は同程度だったが、その後はアメリカ()の助成総額が増加する。
一方で日本()は縮小していき、現在では2倍~2.5倍まで差が拡大。

なお、ここではドル表示なので2007年をボトムに日本の助成総額も増えているように見える。
しかし先ほどの円表示のグラフを見れば、実際の日本の助成総額は2007年以降も横ばいから微増という程度。

これはドル安円高に傾いたことによる為替レートの影響。
ちょうどアメリカでサブプライムローン問題に始まる金融危機が起こった時期で、ドル安が進んだため。


日本とアメリカの農業助成総額の比較

EUは増えたり減ったりを繰り返していますが、ほぼ同水準からやや減少という程度です。アメリカほど農業助成額を極端に増やしている国は、先進国の中にはありません。
(トルコなど新興国の中には大きく増やしている国もある)

いかにアメリカが国を挙げて農業を保護しているか、その実情がなんとなく見えてきます。アメリカの農業団体がTPPに前向きでないというのも、交渉の過程でアメリカの手厚い農業保護が問題化し、削られる可能性を恐れている、ということなんですね。
米国はTPPで輸出補助金が禁止になることを恐怖している!: 農と島のありんくりん

日本にとって最大の農産物輸入国がアメリカです。なぜか日本の関税を削るか守るかばかり注目されていますが、助成の大きさを考えればむしろアメリカ側の農業補助金を削ってやるくらいでないと、バランスが取れないでしょう。それが無理なら日本側の農業助成を増やすかってことになりますが。

TPPに関して言えば、関税や輸出補助金はアウト、国内向けの補助金ならセーフ、という扱いになっているらしいですが、実際の交渉ではどうなるでしょうか。
農業への補助金制度はどうなるの?|TPP Q&A


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 農業 アメリカ TPP FTA 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。