スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

航空機事故の原因で最も多いのは操縦ミス モロッコのオスプレイ事故調査



モロッコで墜落したアメリカ海兵隊のMV‐22Bオスプレイの事故調査結果は、操縦ミスであるという結論で落ち着いたようです。
オスプレイ:モロッコ事故は操縦ミスが原因 米側が説明

もともと航空機事故の最多要因はパイロットのミスによるものなので、特に珍しくもない事ですね。

一説には航空機事故の7割~8割はパイロットに関係するものとも言われますが、死亡者が出た事故だけに限っても、パイロットの操縦ミスだけで事故原因の半分を占めています。
Causes of Fatal Accidents by Decade (percentage)


死亡事故の発生原因 1950年-2010年
Cause %
 Total Pilot Error パイロットエラー 50
 Other Human Error その他ヒューマンエラー 7
 Weather 天候要因 12
 Mechanical Failure 機械不良 22
 Sabotage 故意(ハイジャックや爆破など) 9
 Other Cause その他の要因 1


どんなヘリでも飛行機でも事故は起きるもの



よほどの大事故でもない限り大きなニュースにはなりませんが、航空機の事故は普段からあちこちで起きているものです。

アメリカ国家輸送安全委員会(NTSB)のまとめた民間の航空機事故に関する統計表を見てみると、年によってばらつきがありますが、事故率は10万飛行時間あたり6.35回~9.08回。死亡事故に限れば、10万時間あたり1.17回~1.81回。
NTSB - National Transportation Safety Board

軍用機の場合、死亡事故などの重大事故の確率はアメリカ海兵隊の平均で10万時間に2.45回。オスプレイは10万時間で1.93回でした。

民間機の死亡事故だけの数値は、10万時間で1.17回~1.81回の間。民間機と軍用機では事故の基準が違うので単純な比較はできませんが、軍用機は危険というイメージほど大きな差はないようです。

普通の航空機と同じ程度に危険であり、普通の航空機と同じ程度に安全でもある。といった感じです。


Table 10. Accidents, Fatalities, and Rates, 1992 through 2011,
U.S. General Aviation
Year Accidents Fatalities Flight Hours Accidents
per 100,000
Flight Hours
All Fatal Total Aboard All Fatal
1992 2,110 450 866 864 24,780,000 8.51 1.81
1993 2,064 401 744 740 22,796,000 9.03 1.74
1994 2,021 404 730 723 22,235,000 9.08 1.81
1995 2,055 412 734 727 24,906,000 8.21 1.63
1996 1,908 361 636 619 24,881,000 7.65 1.45
1997 1,840 350 631 625 25,591,000 7.17 1.36
1998 1,902 364 624 618 25,518,000 7.43 1.41
1999 1,905 340 621 615 29,246,000 6.50 1.16
2000 1,837 345 596 585 27,838,000 6.57 1.21
2001 1,727 325 562 558 25,431,000 6.78 1.27
2002 1,716 345 581 575 25,545,000 6.69 1.33
2003 1,741 352 633 630 25,998,000 6.68 1.34
2004 1,619 314 559 559 24,888,000 6.49 1.26
2005 1,671 321 563 558 23,168,000 7.20 1.38
2006 1,523 308 706 547 23,963,000 6.35 1.28
2007 1,653 288 496 491 23,819,000 6.93 1.20
2008 1,569 276 495 486 22,805,000 6.87 1.21
2009 1,480 275 479 470 20,862,000 7.08 1.32
2010 1,439 268 454 451 21,688,000 6.63 1.23
2011 1,466 263 444 433 22,514,000 6.51 1.17


米海兵隊 10万飛行時間あたりの事故発生件数
機種事故率
CH-46 シーナイト1.11
MV-22B オスプレイⅡ1.93
CH-53E スーパースタリオン2.35
CH-53D シースタリオン4.51
AV-8B ハリアーⅡ6.76
海兵隊全体2.45
沖縄タイムスより
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : アメリカ 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。