スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

尖閣諸島に上陸した香港の活動家は、反政府運動もやる中国版プロ市民



沖縄県の尖閣諸島に不法入国した香港の活動家が、過去には中国の国旗を燃やすなどのパフォーマンスを行っていたことが話題になっているようです。


【中国】 日本料理店に乱入も 中国の尖閣領有デモ、一部地域で1000人以上の規模に拡大 治安部隊と衝突する事態も★2
441 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/08/19(日) 16:41:56.54 ID:vxWBJFBr0 [1/5]
>>35
尖閣に上陸した香港の活動家は実は反中共なんだよね

Baiduの削除されたからサムネしかないけど
中国国旗燃やしてる
up14620.jpg
455 :名無しさん@13周年  :sage :2012/08/19(日) 16:43:29.85 (p)ID:POvJekrO0
>>441
503mime4.jpeg

いよいよ面白くなってきたね
 一部中国人がそれに気づき始めて大混乱になってる

565 :名無しさん@13周年  :sage :2012/08/19(日) 16:55:09.42 (p)ID:vxWBJFBr0
>>480
 白髭のオヤジは香港の活動家
 以前チベット開放デモとかもやらかしたらしい。
 中国の国旗燃やしてるのはその時のか?

576 :名無しさん@13周年  :2012/08/19(日) 16:56:40.09 (p)ID:2J5v6qV90
>>565
 世界を股にかけるゴルゴみたいなプロ活動家だからな
 金さえ払えば的にも味方にもなる


過激な行動で注目を集め、寄付金などを募って活動資金にするという、プロ市民的な団体のようですね。

今回の不法上陸騒動では香港のテレビ局を連れてきていたそうですが、きっとTV局から多額のギャラが支払われている事でしょう。TV局も視聴率が取れて儲かったはずですし。

なんとなく、動物保護だか環境保護にかこつけてテロ活動を行い寄付金を集める、シーシェパードとかグリーンピース的なニオイのする団体です。


東京新聞:上陸団体は「プロ活動家」:国際(TOKYO Web)

 【香港=今村太郎】沖縄県の尖閣諸島に上陸し、十七日に強制送還された香港の民間団体「保釣行動委員会」メンバーは、尖閣問題や中国の民主化、人 権問題への抗議行動を扇動する「プロの活動家」とされる。香港市民からは今回の抗議行動について「彼らはごく一部の過激派だ」との冷めた声が多い。

 関係者によると保釣行動委員会には香港の元議員や労組関係者など約三十人が所属。尖閣問題で強硬姿勢をみせる一方、中国首脳の香港訪問時などに過激なデモを行い、警察当局と衝突している。反共活動をしながらも尖閣問題では中国政府と利害が一致している。

 中国の国政助言機関、人民政治協商会議の香港代表の一人は本紙の取材に「昨年、百万香港ドル(約一千万円)を寄付した」と明かした。


なぜか台湾(中華民国)の国旗を掲げて尖閣上陸


7301238-2873895.jpg

この団体が尖閣諸島の魚釣島に上陸した際に、なぜか台湾の国旗をかかげていたので、どういう団体なのかと疑問に感じておりました。

中国政府(中華人民共和国)は台湾(中華民国)の存在を正式には認めておらず、「中国はひとつ」であり「台湾は中国の一部」だという主張です。

中国本土の報道機関の中には、台湾の旗をぬりつぶして中国国旗に見せかけようとしたところもあるくらい、共産党政府にとっては敏感な問題です。
台湾旗の写真、修整し掲載 尖閣上陸報道で中国紙

中国共産党の息のかかった人間であれば、普通はこういう行動はしないはず。「中国政府の差し金」だという見方も一部ではありましたが、ちょっと考えにくいかなという感じがします。

まぁ香港も中国に返還されるまではイギリス領でしたから、本土とは少し違った考え方があるでしょうし、香港人としては台湾の存在を認めるのが普通なのかもしれません。
「一党独裁終わらせろ」胡主席演説中、香港返還15年の祝賀式典で男性絶叫のハプニング

この活動家は中国では英雄とかなんとか祀り上げられたらしいですが、中国の民主化、台湾の分離とかチベット等の人権問題など、中国政府にとってありがたくない主張まで取り上げられると、ちょっとおもしろい展開になりそうです。


強制送還のチケットを用意する中国

この不法入国した活動家らが強制送還される際のチケットなどは、中国側が用意したとのこと。口先では強硬な姿勢の割に、チケットの手配など用意がよくて手回しの早い対応です。

用意した”中国側”というのが共産党政府なのか、香港政府なのか、プロ市民団体なのかはよくわかりませんが。

尖閣上陸事件、14人強制送還 民間機と抗議船で

 入管は中国大使館側の要望も聞いた上で、7人を飛行機で、7人を船で送還することを決定。旅券と飛行機のチケットは中国側が用意したという。


そういう点から考えると、最初から日中双方で相談してケガ人などを出さないようにし、強制送還で終わらせるシナリオだった、という説はたぶん正しい。


今回に限っては、中国側としてもさっさと終わらせてしまいたい問題だったのでしょう。なにしろ反共産党独裁の反政府活動家の団体ですから、下手にさわると自分達に飛び火してしまいますし。


予定調和の政府対応、中国側とも事前調整 強制送還ありきのシナリオ濃厚

ある政府高官は「中国政府も活動家を制止したかったようだ。2年前とは違う」と話し、中国側の姿勢も抑制的と踏む。

 だが、別の高官は、来月下旬にも開かれる共産党大会が終われば中国側は一気に高圧姿勢を強めると分析した上でこう批判する。「事なかれ主義の対応は禍根を残しかねない」


前回は司法に委ねようとして失敗したので、今回は安全策の強制送還

今回は、日本国内の行政手続きルールにのっとり強制送還する、という措置になったので最低限のラインは守られたことになります。日本の統治が及ぶ範囲内、日本の領土である、と示したのでとりあえずよしとしましょう。

もう少し中国政府の足元をみた対応も可能だったかもしれませんが、2010年の尖閣諸島沖での中国漁船体当たり事件では大失敗した経験がありますから、今回はリスクの高い方法は取られませんでした。

あの時は公務執行を適用し、起訴して司法手続きまで持って行くまでは良かった。ところがODA事業で中国に行っていた民間人が人質に取られるような形になり、あわてて”日中関係に配慮”した”政治判断”で釈放するという最悪の結果になりました。
尖閣諸島中国漁船衝突事件 - Wikipedia

これだと日中間で配慮しないといけない何か(尖閣諸島の領土問題)がある、と認めることにもなってしまいます。政治が司法に介入したという点とあわせて、2重に問題のある対応でした。

今回も理想を言えば、「レンガだかコンクリート片を投げつけてきたので、公務執行妨害にあたる。送検して司法の手に委ねるべきだ」ということになります。

しかしその場合、中国側がまた人質をとるなどの対抗策に出てくる可能性があるので、対応の難しさのレベルは一段上がります。日本にいる中国人を人質に取り返すくらいまでやりあう覚悟がないなら、最初から無理はしないというのもひとつの手ではあります。


不法入国を事前に抑止する方策が重要

そもそも外国の船がピクニック気分で気軽に領海侵犯、不法入国される状況が根本的な問題です。

最初の段階で不法入国そのものを抑止することができれば、送検して刑事罰か、それとも強制送還か、で揉める必要もなくなります。「送検して厳罰に処すべき」というのも、今後不法入国がしにくくなる状況を作る、という抑止効果を期待されている面もあります。

まず目先の対策として、海上保安法の改正案を成立させることですかね。すでに衆議員では可決されているので、あとは参議院を通すだけです。
時事ドットコム:海上保安庁法改正を=たちあがれ

さらなる対策としては、乗ってきた船をスクラップにして二度と来られないようにする、などでしょう。いっそロシアみたいに、領海侵犯したら即銃撃を加える、というのが一番確実で手っ取り早い方法のような気もします。日本でも海上保安庁が北朝鮮の工作船に対して反撃した例はありますし。

大前提として、竹島や北方領土とは違って尖閣諸島は現に日本の管理下にあります。中国はあれこれ挑発してくるでしょうが、しっかり守ってさえいれば日本が優位な状態は変わりません。安い挑発には乗らないでやるべき施策をやる事ですね。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 中国 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント


韓国や中国、呆れた国ではありますが、日本の対応もとても褒められたものでではありませんね。
行く末が案じられてなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。