スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

韓国大統領の竹島訪問と五輪サッカーのプラカードがオウンゴールとなる



昨年から訪問話は出ていましたが、ついに韓国の李明博(イミョンバク)大統領が竹島を訪問してしまいました。先月にはロシアのメドベージェフ首相が国後を訪問していたばかりでしたから、韓国の国内では「こっちも竹島へ行け!」という世論が高まっていたんでしょう。
ロシア:メドベージェフ首相が国後島訪問 日本政府抗議

おまけにオリンピックの男子サッカーでは、大統領の竹島訪問に触発されたらしい選手とその応援団が「独島(竹島)は韓国のもの」なる政治的メッセージを掲げて、せっかくのオリンピックムードにまで水を差してくれました。
五輪サッカー:「竹島領有」メッセージの韓国選手、表彰式追放- 毎日jp(毎日新聞)


「我が領土」パフォーマンスで見事なオウンゴールを決めた朴鍾佑

本来なら、この手の「我が領土」的なアピールは、奪われた側が取り戻すためにやるのが普通です。例えとしてはちょっと不適切ですが、北朝鮮による拉致被害者を返せ、と主張するように。

不法占拠とはいえ韓国は実効支配している側なのに、わざわざ世界の注目を集める場所で「わが領土」などプラカードを掲げるのはなかなか不思議な光景です。

実際に韓国政府は竹島問題の国際化を嫌がっているらしいですが、オリンピックという国際舞台で、韓国の選手自らが竹島問題の存在をアピールしてくれたわけで、実に見事なオウンゴールでした。
韓国が竹島問題の国際化を拒否、「受け入れない」

まあこの人はサッカー選手であって、外交の専門家でも政治家でもないから、わからなくても無理はないのかもしれません。もちろんスポーツ選手として見ても、思慮に欠けていますが。スポーツの場、しかも世界で注目されているオリンピックで、政治的なパフォーマンスを行い、最悪の場合はメダル剥奪にまで発展するかもしれない。

本人はカッコイイつもりかもしれませんし、韓国ではこういうのがウケるのでしょうけれど。これも韓国政府が行ってきた反日教育の成果ですかね。

日本としては紛争の存在を世界にアピールしてくれてありがとう、と言うべきかもしれません。これを機会に日本の主張を発信していくことができれば、日本にとってプラスに働く可能性もなきにしもあらず。もちろんアピールするのはスポーツ以外の、政治と外交にふさわしい場所でね。


人気取りのためのパフォーマンスで自殺点をアシストした李明博大統領

日本政府も国際司法裁判所(ICJ)への提訴に向けて動くようです。韓国側は嫌がっているらしいので、受けれないとは思いますが。

大統領が訪問したり、オリンピックでメッセージを掲げたりして、自ら問題をアピールしておきながら、国際司法裁判所への提訴には応じない、という矛盾した姿勢を見せてくれたので、国際社会に向けたメッセージとしてはなかなか間が抜けています。

韓国では日本が紛争化を狙ってる、みたいな報道があるようですが、実際には日本は何もしていませんね。紛争化しているのは竹島訪問した韓国の大統領自身であり、国際化したのは他ならぬ韓国の代表選手です。
独島訪問:国際司法裁に付託、「紛争化」狙う日本 朝鮮日報‎

最後に自殺点を決めたのがサッカー代表だとすれば、それをアシストしたのがわざわざオリンピック時期に訪問した大統領といったところ。

韓国の政治家が自らの政治的利益のために、反日的なパフォーマンス行為に出るのは日常茶飯事です。政治家としては自らの利益になる反日カードは手放せないものだし、反日的な教育を受けて洗脳された世代が多数を占める限り、こういう状態は永遠に続くのでしょう。

特に韓国の大統領選挙では、負けた方の前大統領が捜査を受けたり牢屋に放り込まれる、なんてことが多々あります。政治生命だけでなくて、文字通り”命がけ”なので必死です。
韓国前大統領が死亡、自殺か 短い遺書、不正資金疑惑で捜査中

大阪生まれの在日韓国人であるリ・アキヒロ大統領は比較的親日的だとされていましたが、有権者の票を気にしなければいけない政治家という立場になってしまえば、そんなものは関係なくなるようです。特に最近は支持率が落ち込み、おまけに実の兄が逮捕されるなど追い詰められていて、反日カードくらいしか支持率アップの手段がない状況です。
【速報】韓国・李明博大統領の兄、李相得を逮捕。現職大統領の兄弟逮捕は韓国史で初

本来なら専門家として高度な判断をするのが政治家の仕事ですが、政治素人のサッカー選手と同じレベルの行動をとってしまう、というのは民主主義の弱点ではあります。有権者が望んだら政治家は応えないわけにいきませんし。そういう有権者を育てているのも、韓国政府が行っている反日的な教育内容の成果なのですが。

■ソウル大学 安秉直(アンビョンジク)名誉教授(経済史学者)

今の状況を一言で整理するなら、現政権が、解決できない問題を解決できる 問題であるかのように浮上させて、自分たちが民族主義を代弁する勢力であるかのように国民を欺いている形です。

例えば独島問題は歴代政権が解決できないから不問に付していた問題です。 率直に言って、独島関連資料は日本の方がたくさん持っています。日本は1905年に既に独島に対する国際的認定を受けているからです。

我が国は現実的に領有しているというだけです。もしこの問題が国際司法裁判所に 行ったら、当然文献と証拠をたくさん持っている日本が勝つことになります。 現政権がこの問題を国際司法裁判所に持って行かないのも、このためですね。

1つの肉をめぐって2匹の犬が争っていると考えてみましょう。 1匹が先に肉をくわえたらすぐ逃げだして食べればよいのであって、 肉を奪おうとする他の犬を見て吠えたらどれほど愚かなことですか?

独島問題の解法は、口をつぐむことです。我が国は実質的に独島を 領有しているのだから、心配することはないんですよ。しきりに騒げばむしろ損になるのに、現政権がしきりに論争の種にするのは、非愛国的な、ある意味では売国的な行為です。

なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?


「友愛精神」が日韓関係を悪化させるという皮肉な結果に

日本では友愛精神で中国や韓国と友好関係を築く、などと言っていた政治家もおりました(今もいます)。そういう点では、日本も韓国をバカにしていられない状況です。

あの手の人たちの主張によれば、とにかく相手の国に配慮して、日本が大人しくしていれば外交関係は良くなるんだ、みたいな幻想を抱いていたのかもしれませんが、現実にはむしろ悪化しています。

譲歩ばかりしていては、相手は何やっても許されると勘違いして、大統領の竹島上陸のように行動をエスカレートさせていきます。

今回のような事態になると、日本側も対抗策に出るしかなくなるので、良好な日韓関係などというものは絶望的になってしまいます。


東京新聞:竹島問題 国際司法裁に提訴検討 「静かな領土外交」転換:政治(TOKYO Web)

 民主党は、これまで日本に一定の理解を示していた李大統領に対し、一般的に使われてきた「竹島を不法占拠」との表現を避け「法的根拠のない支配」などとソフトに言い換えていた

 問題をあえて大きくするより、韓国との関係を着実に深め「両国間の領土や歴史問題をうまく管理する」(外務省幹部)という狙いからだった。

 しかし、今回の竹島上陸は、その配慮が裏目に出た形。来年二月に任期終了を迎える李政権内には「強硬な対日姿勢に歯止めをかける人がいない」(日韓外交関係者)といわれる。日本としても対抗措置を取らざるを得なかった。


自国の感情の暴走を抑える事も大事かもしれませんが、同時に相手の暴走も許さないことも、友好的関係の必要条件です。相手の暴走を許せば、日本人の感情まで悪化して、それこそ収拾がつかなくなることもあります。
本社世論調査:対韓感情「悪化」50%…竹島上陸で- 毎日jp(毎日新聞)

口先では”友好”を訴えるものの、現実的な方策については何も考えていない人がやると大失敗して、友好とは真逆の結果になるのです。


外交は対話と圧力で

韓国側も自ら紛争地域だとアピールすることの愚かさに気付いたのか、あるいは日本側の反発の影響なのかわかりませんが、少しだけ大人しくなりはじめました。外交には圧力も必要であるという一つの証左です。
竹島防衛訓練、来月に延期=外交摩擦配慮か-韓国国防省

もちろん対話だけで済めばそれにこしたことはありませんが、それで上手くいかなければ圧力をかけてでも相手の暴走を許さないことが、結果的に友好関係を維持する 事にもつながります。あまり表立って圧力を加えたりすると、反発して逆に強硬に出るというパターンもよくありますから、裏でこっそりとやる方がいいでしょう が。

今の韓国政府には「強硬な対日姿勢に歯止めをかける人がいない」ような状態になっているそうなので、話の通じる相手がおらず、対話のためのルートも閉ざされていたのかもしれません。

友愛と言いながら、実は対話すらできていなかったとすれば笑えない話です。相手の国の中に、話の通じる親日的な人間を支援しておく、というのも本来は有効な手段なのですが。

北朝鮮による拉致被害者を一部とはいえ取り戻せたのは、経済制裁というムチ、食糧支援というアメのおかげでした。拉致は人権問題ということで、国際社会の味方も多かったこともありますが。

領土に関して第3国が口出しするということはあまりないかもしれませんが、日本としてはこれを機に日本の立場を主張して、国際社会で少しでも味方を増やしておくのは大事です。とりあえずは、南シナ海の方の領有権で中国ともめている東南アジア各国とかですかね。

戦後のどさくさに紛れて奪われた領土を取り戻すのは簡単ではないですが、せめてロシアや韓国にこれ以上の示威行動をとらせないようにすること。そして尖閣諸島など今ある領土を守ることなどの課題をこなしていくしかありません。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 韓国 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。