スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

中国のスパイとお友達だった筒井信隆さんは市民の党とも仲良し



中国人スパイとの関係が取り沙汰されていた鹿野道彦農林水産大臣、筒井信隆副大臣がまとめてクビになってしまいました。
筒井農水副大臣も交代

問責決議が可決されていた防衛大臣の田中直樹さん、国土交通大臣の前田武志さんも交代。さらに強制執行を妨害するために弁護士報酬を違法請求した疑惑を持たれていた小川敏夫法務大臣など、問題のある閣僚は全員まとめて交代させられてしまいました。

追及されて辞任させられた、という形にするよりは、内閣改造という形を取った方が何となくポジティブな印象を与えられる。なかなかずる賢くもあり、上手いやり口かもしれません。

一川さん田中さんと2代続いた素人防衛大臣の後任が、外交や安全保障についての専門家である森本敏さん。しかも国会議員ではない民間人であり、自衛隊に所属した経験もあるということで、そちらにばかり注目が集まっています。
【野田再改造内閣発足】防衛相に森本教授 首相、初の民間起用 自民と増税合意へ全力

民間大臣より問題の大きかったはずの政治家の(元)大臣たちから目先を逸らすことには成功しています。狙ってやったわけでもないでしょうが。

筒井信隆さんと市民の党

書類送検された東京の中国大使館の李春光一等書記官との関係があった筒井信隆(元)副大臣。この筒井さんには市民の党とのお付き合いもありました。

筒井信隆さんは民主党所属、新潟6区選出の衆議院議員。市民の党に所属する立川市の五十嵐けん議員によると、2003年の衆議院選挙で、筒井さんの応援をしていたそうです。

市民の党は横浜市議会で議場を占拠する過激派政治集団ですが、昨年2011年の統一地方選挙で、よど号ハイジャック犯と北朝鮮による拉致容疑者の長男である森大志さんを、三鷹市議会議員に立候補させて注目を集めていました。

また、菅直人さんや鳩山由紀夫さんらをはじめとする民主党国会議員が、市民の党側へ総額1億5000万円以上を資金提供していたことも明らかになっています。

(cache) 立川市議会議員 五十嵐けんのサイト

03年10月16日 (木) いきなり新潟にいます。新潟から談合事件を見つめる。

15 日、立川駅北口デッキで朝の宣伝からはじまり、夜の 11 時 30 分には 新潟県 へ到着。田中真紀子さんでお馴染みの新潟 5 区ではなく、お隣の新潟 6 区( 上越市 や 新井市 などを中心とする選挙区、上杉謙信公のお膝元、直江津、高田といったほうが分かりやすいかもしれません)にいます。

2002 年の 4 月に新潟で行なわれた参議院補欠選挙で自民党に圧勝した黒岩たかひろさんや 新潟市長の篠田昭さんを応援させてもらった時にご一緒だった筒井信隆衆議院議員の応援です。今後の政界再編を巡ってどうしても勝ち抜いてもらいたい市民派の政治家です。民主党の議員でありながら黒岩さんと同じ市民型選挙を貫こうとされています。万が一、新潟 6 区にお知り合いのいる方はお声ををかけて下さい。


市民の党とともに新潟市長選挙を主導

五十嵐けん議員によると、筒井さんとは黒岩たかひろ(現在は民主党所属の衆議院議員)さんや篠田昭新潟市長の選挙のときから協力していた、とのこと。

筒井さんは旧社会党の出身ですが、当時は民主党の新潟県連の代表でありました。そのため、選挙の候補者選びでは中心的な役割を果たしていたようです。

このあたりの事情については、市民の党の機関紙や、財界にいがたの特集の中でも出てきます。その結果、現在も新潟市長を務めている篠田昭氏を擁立し、支援していくことを決定しています。

新潟市長の篠田昭さんは市民の党の機関紙でも特集を組まれるほどで、市民の党が積極的に支援していた政治家の一人でした。

市民の党をつくる新聞 新生 647号
11月3日告示、11月10日投票の新潟市長選挙 しのだ昭さん、立つ

…四月の参院新潟補選で黒岩たかひろ候補を圧勝させた「五本柱」(市民グループ、民主、自由、社民、連合)の枠組みを継承・発展させて新潟市長選に臨もうとする動きが民主党県連代表の筒井信隆・衆議院議員らを中心に進められ、…

…実際、民主・自由・社民の三党は、党として「自主投票」を決めざるをえなかったが、民主党県連代表の筒井信隆・衆議院議員、自由党県連会長の渡辺秀央・参議院議員、社民党県連代表の近藤正道・県議会議員はそろって、「一市民として」しのださんを応援するメッセージを事務所開きに寄せた


財界にいがた 2011年7月27日発売号
黒岩宇洋、鷲尾英一郎に続き
元よど号ハイジャック犯・拉致容疑者関連政治団体と篠田・新潟市長との濃厚な関係


…当時、篠田の選挙に係っていた人物が言う。
「渡辺前助役ではダメだというグループがいくつかあったんです。まず経済人などを含む市民グループ、そして数人の市議。それから反自民の国会議員や県議たち。国会議員では渡辺秀央、筒井信隆、黒岩宇洋、県議では近藤正道らです。こうしたグループで候補者探しが行われ、結果的に篠田に絞られていったのです」

篠田の選挙は政党や団体から推薦は受けないというスタイルが採用された。
「その年の4月、黒岩さんを当選させた”新潟方式”が手本になりました。政党や市民グループが共同して無所属候補を応援するといったものです。篠田の選挙では国会議員らは直接事務所には出入りしませんでした。その代わり実務者を派遣してもらいました。市民の党の斉藤まさしさんは黒岩さんの知り合いで、黒岩さんサイドが引き連れて来たんだと思います」(元篠田選対の幹部)


新潟の中国総領事館の問題

この篠田昭市長は、新潟市が所有する小学校跡地を売却しようとして、反対運動を起こされたことがありました。その売却先というのが、新潟にある中国総領事館だったためでした。

小学校跡地の売却は撤回されたのですが、今度は中国総領事館が民間の土地5000坪の売買契約を結んでいることが発覚していました。

領事館も大使館と同じく、相手国の情報収集や政治家や財界人へのロビー工作の拠点になる施設です。また領事も大使と同じような外交特権を持っております。

人民解放軍出身の李春光書記官が大使館に紛れ込んでいたように、領事館にもいわゆるスパイ活動を行う人物が入り込むことはありうる話で、合法か非合法かは別として情報収集などの拠点になります。

今のところ、筒井信隆さんが中国総領事館の誘致や移転に直接関わっていたというような話はない。もともと筒井さんは農政が中心で、外交とはかかわりが薄い人のようなので、直接的な関係はないのかもしれません。

市有地を売却しようとしていた篠田昭市長の擁立にも関わっていた点で、間接 的な影響は与えているとは言えますが。

むしろスパイだか詐欺師だかわからないような書記官に騙されたばかりですので、農業関係の方が心配ではあります。米所の新潟だけに農業関係の技術流出とか。

王華総領事,中国農業発展集団訪日団新潟歓迎会に出席 2011/01/28

…新潟市が司会をつとめる宴会では、新潟出身である日本農林水産副大臣筒井信隆氏が冒頭挨拶をした。

筒井副大臣は中国農業発展集団総公司代表団に歓迎の意 を表し
、故郷である新潟県を紹介し、新潟は日本元首相田中角栄先生の故郷であり、新潟と中国東北の農業分野における交流と協力のため大きく貢献した佐野藤 三郎先生の故郷でもあるため、対中友好関係が長く続いていると述べた。

また、筒井副大臣は、新潟県は農業の発達した県として中国との農業協力の面において 非常に見通しは明るく、総領事館の設立により双方の交流・連携がさらなる発展を遂げるための良いチャンスを作ってくれたと思うと語り、昨年APEC食料安 全保障担当大臣会合参加で新潟を訪問した中国農業部牛盾副部長と双方の農業交流・連携の強化で一致したが、今後中国農業発展集団の来訪をきっかけに農業交 流・連携の新たな局面を切り開いていきたいと話した。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 筒井信隆 民主党 市民の党 中国  

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。