スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

自然エネルギーはクリーンでも、自然エネルギービジネスはわりとダーティー



活動家の山本太郎さんが太陽光発電の販売・施工会社に雇われる

佐賀県庁に突入したり、不法占拠している上にボヤ騒ぎまで起こしたテントの撤去に反対したり、福島県での女子駅伝大会を中止に追い込むと発言したり、本業の役者を放り出して反原発活動に入れ込む山本太郎さん。

おまけに中核派のお友達まで出来てしまうなど、すっかり過激派の仲間入りをしてしまった感もあります。
山本太郎と中核派2ショット写真+産経記事

人が良いというか、思い込みの激しい人ほど利用されやすいのでありましょう。正義感があさっての方向に全力疾走しておりました。
過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め

そんな山本太郎さんも太陽光発電の仕事が見つかったということで、まっとうな人生に戻るかと思いきや、これまたちょっと胡散臭い会社のようである。今度は宣伝に利用されてしまうのではないかと心配になる。
ソーラーリフォーム社について私が1分で知り得た二、三の事柄

yahoo知恵袋などでこの会社の口コミらしきものが何件か書き込まれている。が、なぜかどの質問者も回答者も1回きりしか書き込んでいないらしい。
ソーラーリフォームについて:何かのジョークか愉快犯だと思いたい。

昨年あたりからQ&Aサイトや口コミサイトでのやらせ書き込み業者が話題になっていました。いわゆるステマ(ステルスマーケティング)騒動のひとつです。
大手企業がヤフー知恵袋でやらせを請け負ってる件

ツイッターなんかも含めて、ネットを利用(悪用)した宣伝というのはどこの会社でも行われていることなのでしょう。消費者庁が調査に乗り出すという話もありましが、未だに明確な取り締まり基準というものもありません。
「口コミ広場」に消費者庁も関心

買う方にとっては高い買い物ですので、業者を選ぶ際は慎重に。悪徳業者にはご注意ください。
太陽光、強引商法…玄関居座り・即日契約強要


SBエナジーのメガソーラーは発電コスト5割増し

高いといいますと、ソフトバンクエナジーのメガソーラーはやっぱり高いようです。孫さんは20年間40円の固定買取ではほとんどが採算割れだ、との主張でした。
調達価格等算定委員会 第3回議事録 [PDF]

孫代表取締役社長
それでは早速、説明に入りたいと思います。

(中略)…、仮に40 円で20 年だという試算をしたときに、二百数十カ所のうちの200 カ所ほどは採算が合わないということで見送らざるを得ない

われわれはもともと最初から発表時の約束が、10 数カ所を造るということですので、10 数カ所以上は予定どおり行うつもりでおります。

ただし、本来は200 数十カ所で、各都道府県の皆さんがメガソーラーの候補地があるということで提示いただいたわけで、その9 割近くを見送らざるを得ないというほど、決して40 円とか20 年という数値が甘い数値ではなくて、それでもかなり多くの一般的な候補地が脱落してしまうほど、安易な軽いレベルのハードルではないことを、最初に申し上げさせていただきます。

しかし後日出された太陽光発電業協会の資料によると、40円で内部収益率5.13%となっておりました。そして太陽光協会のブレークイーブン(損益分岐点)は27円程度ということでした。
参考資料2 前回の御指摘事項について(PDF形式:163KB)

システム価格325円/kW
買取期間:20年   IRR の変化 (税引前)
買取単価(円) 40 41 42 43 44
税引き前(IRR) 5.13% 5.56% 6%   6.40% 6.81%


本当にSBエナジーのメガソーラーが40円でも採算割れなのだとすると、その発電コストは他社平均の50%増し、という高額なものになります。

SBエナジー自体に太陽光発電のノウハウがないから高コスト体質なのか。有利子負債の大きいソフトバンクは資金調達コストが高いのか。あるいは各自治体の出した候補地というのが、よほど条件の悪い土地だったのか。

SBエナジーのメガソーラーが1.5倍も高い理由ははっきりしませんが、孫さんが儲からないから、という理由だけで買取価格を50円とか60円に設定する、というのはちょっと無理のある話です。
「メガソーラー構想」得する孫正義、損する国民

政治家や政府に働きかけて高い補助金を要求する時間があるのなら、経営者らしくコスト5割高のSBエナジーのメガソーラーを効率化する工夫をしてほしいものであります。

孫正義 ‏ @masason
会社も政府も同じ。赤字の時は、徹底した無駄な経費削減を真っ先に断行すべき。収入以上に使ってはならない。


孫さんの宣伝に手を貸す地方自治体

まあ孫さんは企業の経営者ですから、自社の利益を最大化することを考えて行動するのは当然のことではあります。多少やり口に問題はありますが。

それより問題なのは、ソフトバンクの系列組織である自然エネルギー協議会に飛びついてしまった自治体の首長さんたちである。

ソフトバンクがダメとは言いませんけれど、自然エネルギービジネスに関しては素人同然である。他にもっとノウハウを持った会社もたくさんある中で、結果的に孫さんのビジネスや宣伝に協力してしまう軽率さ。
全国三十五道府県の知事はソフトバンクの系列支店長か?

政治家や地方公共団体と一企業の関係というのは慎重に考えるべきではないですかね、という考えはもっともなものでしょう。
千葉市長・熊谷氏、なぜソフトバンクの自然エネルギー協議会に参加しなかったのかを語る

各自治体の皆様には、ソフトバンク以外の会社にも見積もりを出してもらうことをオススメします。業者は入札で選ぶとか。

しかし、そもそも自治体が提供した土地の条件が悪い、ということがSBエナジーのメガソーラーのコストアップに影響している可能性もあります。

『電田プロジェクト』なんてことも言っておられましたので、本当に田んぼのような土地を提供したのかもしれない。休耕田だと雑草や樹木が伸び放題になっているでしょうし、田んぼですから土壌が水を含みやすかったりして、造成費用などもかなり高くなるでしょう。

自然エネルギー協議会に参加している自治体・政治家の中で、本気で自然エネルギーについて考えている人は何人いるのでしょうか。
関西広域連合がSB謹製資料を発表した
謎曲線


他の業界団体も想定以上に高い価格を要望する

算定委員会の資料を見ていると、太陽光発電以外の業界団も総じて高い買取価格を要望している。
再生エネ発電買い取り 希望価格出そろう
各団体が試算した希望買取価格

もともと再生可能エネルギー法が議論されていた段階では、買取価格は15円~20円程度と想定されていました。バイオマスの一部以外はすべて予算オーバーの要望です。

どこの業界団体も少しでも多く補助金を引き出そうと思って高めの数値を出しているのではないか、という指摘も出ています。補助金は他人の財布だと思ってふっかけ放題である。

調達価格等算定委員会(第5回)‐議事要旨
委員
コスト計算の根拠となるデータについて、実績の有無や信憑性に留意する必要がある。

委員
改めて事業者から提案された買取価格を見ると、思っていたよりも高いという印象。例えば、非住宅用の太陽光が、現状の余剰電力買取制度(42円/kWh) と同じというのは、高いのではないか。事業者は最大限の金額を提示してきていると思われるので、内容をしっかり精査する必要がある。

委員
消費者の立場からすると、負担をする以上、途中で事業をやめるようなことがないよう、認定等の際によく精査して欲しい。

買取価格に幅があるのは、規模に応じて買取価格を変えるように要望しているため。基本的に大規模なものほど効率がよいのでコストは安くなり、逆に小規模なものは効率が悪くどうしてもコストが高くなる。

しかし業界側の要望どおりにしていては、効率の悪いものほど多くの補助金がつぎ込まれ、コストが高くても採算が取れてしまうことになります。

委員
買取区分について、あまり細かく分けるのはいかがなものか。同じ区分の中で競争が起こるようにすることが重要。細分化し過ぎると行政コストも膨大になる。

電気代の上昇は標準家庭(電気代が月6000円の家庭)で150円とか、1kWhあたり0.5円とか、2.5%程度の値上げに抑える、としていました。しかしそれは買取価格15円という条件での話。

もし条件が良すぎて導入量が予想以上になれば、負担も想定以上に膨らみます。あとは送電網の追加整備の費用も必要なので、トータルではとても月150円程度では済みそうにない。
送電線増強に1兆1700億円 北電・東北電が再生エネ受け入れ試算

結局コストが高くて補助金頼みという、自然エネルギーの現状を痛感する要望内容でした。だいたいが補助金の付くビジネスというのはこんなものかもしれません。

これらはあくまで業界側の要望する買取条件なので、要望された価格そのままに決まることはないとは思いますが。消費者の負担や、電源ごとの補助金額の公平さについても、十分考慮して買い取り条件を決めて欲しいものです。

太陽光42円、小型風力57円など各業界の要望丸呑みの買取案に

※調達価格等算定委員会の中立性確保と買取価格決定の難しさ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 やらせ ネット 孫正義 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【自然エネルギーはクリーンでも、自然エネルギービジネスはわりとダーティー】

活動家の山本太郎さんが太陽光発電の販売・施工会社に雇われる佐賀県庁に突入したり、不法占拠している上にボヤ騒ぎまで起こしたテントの撤去に反対したり、福島県での女子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。