スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

自治州で"ミニ国家"を乱立させたスペインの地方自治制度は過剰だった



スペイン中央政府が地方の権限を取り上げる

スペイン:地方分権は過ちだった、今年200億ユーロ削減へ-高官
  4月12日(ブルームバーグ):スペイン地方政策省のアントニオ・ベテタ次官は12日、国内17州に自治権を与えたのは過ちだったとの見解を示した。

ベテタ次官はマドリードで、「1978年の地方自治制度で発生した最も過剰なものは17州それぞれに小国家を複製したことだ」と発言。

自然エネルギーの固定買取を停止するなど、財政赤字に苦しむスペイン。

中央政府の財政も問題なのですが、地方政府の財政赤字の抑制が思うように進まず、予想を上回る悪化となっていました。その中で飛び出したのが、地方自治制度が過剰だった、という発言。
スペイン:2011年債務はGDP比68.5%-地方悪化で予想上回る

中央では政権を握るスペイン国民党ですが、今年3月のアンダルシア州の選挙では過半数には届きませんでした。そして、これまで政権を握っていた社会労働党を含めた左派連立政権が、引き続きアンダルシア州政府を動かすことになる情勢でした。
スペインのアンダルシア州議会選:国民党、過半数に届かず

こうした状況もあって、スペイン中央政府が地方政府の財政状況を監視することを可能にする法案が可決されました。

もし目標を達成できなかった場合には罰則金を課すなど、中央が地方政府に介入することになります。地方政府の財政自主権が大幅に制限されることになります。

スペイン下院、地方政府の赤字削減に向けた法案を可決 上院も通過の見通し
 [マドリード 12日 ロイター] スペイン下院は12日、地方政府の財政状況が改善しない場合に、中央政府の介入を可能にする法案を可決した。

 この法案では、財政目標を達成できなかった地方政府に対して域内総生産の0.2%の罰金を科すなど、複数の制裁のスケジュールを設定。9カ月たっても財政状況を改善できなかった地方政府には、中央政府が調査団を送る

 法案は上院での可決も見込まれており、5月には成立する見通し。

 スペインの17の地方政府で昨年財政目標を達成できたのは1地域のみ。地方政府全体で今年度150億ユーロ超の歳出削減が求められている。

元々スペインは地域ごとに民族・言語・文化などの違いが大きかったので、地域主権のような状態になるのも必然的なことだったのかもしれません。
スペインの地方自治制度入門

しかし地方主権とか地域主権とか言われるほどに権限の範囲が広すぎたり、強すぎると、国と各地方の利害が対立した場合に、思うように進められなくなるという問題が出てきます。

そういう意味ではスペインの場合、地方の自由裁量の範囲が大きすぎたのかもしれません。あるいは、地方が負うべき責任が権利に比べて軽すぎたのかもしれない。


地域のエゴが強すぎれば団結できない

スペインは4人に1人は仕事がないという経済状態で、しかも同時に財政も改善しなければいけない、という難局に立ち向かうことになります。国全体としてまとまって行動する必要がある時なのでしょう。
スペイン失業率が23%、8カ月連続の悪化 (ロイタービデオニュース・字幕)

ヨーロッパ全体がEUへの統合を目指しているのも、ある種の中央集権化です。しかし今はまだ各国が主権を持っていて、それぞれの思惑でバラバラに動いている状態。そのため債務危機への対応策ひとつまとめるだけでも、大変な苦労があるわけです。

地方分権とかいうものは、何でもかんでも財源と権限を渡せばいい、という話ではありません。国と地方自治体の役割分担とか、責任を負うべき範囲を区別する、ということにあります。

地方独自でやった方がいいものもあれば、逆に中央政府が中心になって進めた方がいい場合もあるでしょう。地方分権化になるか、中央集権化になるかは、その検討の結果です。最初から”分権ありき”という考えで進めようとすると、おかしな方向へ向かいます。


Financial Times 救済の噂を否定するスペインとEU
財政に加えて銀行問題も浮上

 投資家は長らく、スペインのいくつかの自治州の財政規律のなさを批判し、財政秩序を取り戻す政府の能力を疑問視してきた。そして今、投資家は、不動産融資の不良債権に苦しむ元貯蓄銀行の資本増強の必要性についても心配している。

 EUの高官らは銀行よりも、スペインの17の自治州の財政赤字と債務について深く懸念している。彼らによると、スペインの銀行は追加支援が必要となるかもしれないが、ユーロ圏内でやはり不動産バブル崩壊で打ちのめされたアイルランドよりは、問題は深刻ではないという。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 地方分権 スペイン 財政 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。