スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

態度は大きいが器量の小さい前原誠司と橋下徹の共通項



民主党の政調会長・前原誠司さんが、産経新聞の報道が気に入らなかったらしく、産経の記者を排除してしまったことについて。結局は産経新聞だけじゃなく、メディア全てを敵に回してしまう結果になり、いかにも脇の甘い前原さんらしい短絡的な対応だった。
「これはペンの暴力」 他社も抗議
会見取材拒否―前原さん、それはない 朝日新聞デジタル:社説
【政治考】前原氏の記者排除 / 西日本新聞

もちろん、報道の内容が全くのウソだというなら法的手段に訴えるなりすればいい。しかし、誇張はあってもおおよそ事実に基づいたことで、そんなことにイチイチ逆切れしていては政治家なんてやっていられないだろう。

プライドが高いせいなのか、気が短いのかわからないが、自分自身が小さい人間だと宣伝して回る結果になってしまった。記者を締め出したことで逆に世間の注目を集めてしまい、かえって「言うだけ番長」という言葉を広め、自分の評価を貶めてしまっただけでしょう。軽く流すくらいの度量を見せておいたほうがマシだった。


元自民党から大阪維新の会へくら替えして、大阪府知事にまで上り詰めた松井一郎さんも、前原さんの対応を批判している。所属する政党を変えた自身に対する、自戒の言葉だろうか。
大阪府の松井知事「一瞬で前言翻すから言われてもしょうがない」

そして維新のボスもけっこう前言ひるがえしてたような気もしますけれどね。
沖縄タイムス | 橋下知事「拒否せず」 普天間の関空活用議論
「普天間基地関空移設案」はギャグだった?!橋下知事 - JanJanBlog


産経新聞と聞いてふと思い出されたのが、かつて申告漏れだか修正申告だかをすっぱ抜かれ、「この○○○○新聞が!」などと、自身のブログに○○○○記事を書きまくった橋下徹さんの対応である。

今回の前原さんの件に関しても、「悪口を言い返す」と言っている。有言実行だったのかもしれない。
橋下大阪市長「(メディアは)批判することが仕事」「悪口言われたら言い返す」

なぜか、後にこの○○○○記事はブログから削除されてしまったのですが、前言を翻さない橋下さんのことなので、きっと何かの手違いだったのだろうと思います。ついでなので掘り返して引用しておきましょう。何の偶然か、同じ記事の中で菅さんの年金未納問題についても取り上げられています。

橋下徹のつぶやきダイアリー : オナニーメディアに物申す!

2006年 05月 24日

オナニーメディアに物申す!

昨日付・産経新聞の「申告漏れ」報道に関する記事が続きますので、カテゴリ分類を追加しました。その他の平和な記事をご覧になりたい方は、画面右のほかのカテゴリをクリックしてくださいね(by当ブログ管理者)。

いや~、僕も相当しつこい性格だ。このネタで、かなり引っ張るよ。
今は名古屋で、税金を支払うために、せっせと仕事をしている合間なんだけど、
ヤフーの検索ページで僕の名前をたたくと、一番上に、
「橋下弁護士-脱税」と出るんだって??!!
なんだこりゃ!
新聞各社はいっせいに「申告漏れ」と報じた。
新聞各社は、世間がこの「申告漏れ」という言葉にどのような印象を抱くか、
言葉のプロとしてきちんと理解しているのか?
手前らは、事実を伝えるプロなんだから、もっと受け手がどう感じるかを考えろよ!!
その辺の感覚が全くないから、手前らの独りよがりの報道で、
悲しむ人たちがたくさん出るんだよ。
「申告漏れ」と聞けば、世間では「脱税」を思い浮かべるんだ。
新聞各社は、申告漏れは申告漏れなんだから仕方がないと開き直るだろう。
そこが問題なんだよ。

僕らは、裁判官の心証を気にして、法廷で主張する。
いくら自分が正しいと言っても、裁判官が理解してくれなきゃ、その主張は全く意味がない。
情報の受け手を中心に、自分が発する言葉遣いを選んでいく。
作家さんだって、タレントさんだって、皆、自分が面白いと思っていても、
受け手が面白いと感じてくれなきゃ意味がない。
それが、情報を発信するプロの気概ってもんだ。
ところが新聞各社はどうだ?
自分たちの感覚だけで情報を発信して満足している。オナニーとおんなじだぜ。
今回の僕の件は、言語的には「申告漏れ」になるんでしょう。
今年初めの税務調査によって、過去3年間の実際に支出した経費の一部を税務上の経費からはずした。
だから、結果的に、過去3年分の所得が増えたことになる。
ゆえに、所得が「漏れていた」という言葉遣いに、言語的に問題はないんだろう。
だけど、受け手はどう判断するか?
「申告漏れ」と聞けば、初めから、わざと所得を隠したと判断するだろう。
脱税とね。
平成14年、15年、16年度当時に、わざと売り上げを隠したり、
わざと架空の経費を計上すれば、それが世間が感じている「申告漏れ」だ。
それと、今回の僕のように、自分の判断で、平成14年、15年、16年度当時に、
実際に支出があった経費を計上していたけど、それを後から取り消した場合を
いっしょくたにするなよ!
売り上げがあれば、当然経費が発生する。
経費が発生しない売り上げなどあり得ない。
だからこそ、税務当局も、支出自体は認めた。
だけど、領収書がない以上、税務上経費とは認められないと。
僕も、メディアで好き勝手に発言している手前、税務当局の見解も分かる。
領収書抜きでの経費を認めると、架空経費と区別がつかなくなるからね。
だから、調査担当者と色々話して、最終的には修正申告の内容で決着したんだ。
だけど、それは税務制度の問題で、僕が所得を隠していたかどうかとは別問題。
こっちは、2500万円ほどは実際に支出しているから、手元に残っていない。
しかも、飲み食いに使ったわけではなく、法律業務に使ったんだ。
それを、わざと売り上げをはずしたり、架空経費を計上して、
お金を隠す「申告漏れ」といっしょくたにするんじゃねえよ!!
そりゃ、「申告漏れ」とすりゃ、面白しろいんだろうよ。
皆、僕が脱税したと思うからね。
しかも、産経新聞は「経費請求した飲食代などの一部について経費を否認した」という文脈で、2500万円の申告漏れと書き連ねやがった。
ほんと、意図的な、なめた表現方法だ。
受け手は、2500万円は、飲食代の一部と感じるだろう。
そうなると、僕の飲食代はいったいいくらになるんだよ!
この産経新聞の記者は常識でおかしいと感じないのかね。
僕の所得で、税金も納め、それでいて、3年間に2500万円以上の飲食。
しかも、子供5人を養う。
おいおい、日本は、地上の楽園の北朝鮮かよ。
この産経新聞の記者は、3年間で2500万円くらいの飲食を、会社の経費で処理することに疑問を感じない記者だ。産経新聞さんよ、要注意だぜ。
また、ヤフーでは産経新聞の記事の見出しに、「橋下弁護士税法を知らなかった?」だって。
ふざけんじゃねー、その文字を入力した奴、俺の前に出て来い。
どっちが税法の知識を持っているか勝負してやるって、・・負けたらどうしよう。
また、税務のことを何も知らない、お馬鹿さんは、うちの事務所に
抗議の電話を入れてきているみたいだ。
事務所は仕事にならなくて、全く業務妨害だぜ。
産経新聞はありがたいことに、5月23日付朝刊一面の見出しインデックスに、
「橋下弁護士が申告漏れ」と掲載してやがる。
ほかに重要なニュースはなかったのかよ。
「申告漏れ」と安易に使うんじゃねー。もっと勉強してからにしろ。
情報の受け手のことを考えて、情報を発信しやがれ、このオナニー新聞が!
・・とここまで言っても、産経新聞の正論の欄や社説は熟読しているし、
しかも雑誌の正論まで、俺は定期購読しているんだ。
しかも、石原慎太郎さんの「日本よ」なんかスクラップまでして、単行本の「日本よ」、さらに「日本よ 再び」まで買ってしまったじゃねえか。情けないぜ。まあ、オナニーが好きな俺としては、オナニーつながりでしょうがないか。
悔しいけど、中国・韓国問題や日本の伝統を重視するスタンス、その他教育問題まで、だいたい産経新聞に賛成だから、このまま購読するぜ。
念のために言っとくと、日米安保とライブドアの堀江さんに対する評価(メディアの公共性についても含む)、それと新聞の特殊指定撤廃論議については、産経新聞と全く反対意見だ。
あとは、ほとんど賛成だよ!あー悔しい。
産経新聞だけじゃなくて、新聞各社が、情報の受け手のことを考えず、
勝手にオナニー情報を発信した大事件が過去にあったよね。

「年金未納問題」だよ!

年金未納、年金未納と騒ぎ立てて、当時菅直人民主党代表が、代表を辞任した。
これほどひどい事件はないぜ。
当時、未納、未納と、オナニー新聞各社が、大騒ぎしているときに、
僕は色々調べた結果、菅さんの未納は、非難される未納ではないと、
テレビ朝日のスーパーモーニングでコメントしたし、
週間ポストの連載「まっとう勝負」にも書いた。
確かに、菅さんに年金「未納」という事実は存在した。
しかし、それは、保険料をきちんと払おうとして手続きをした結果、
法律の不備によって、結果として未納となっただけなんだ。
整理すると、「未納」という事象の中にも、
①本来払わなければならない者が、怠慢で払わなかった場合と、
②きちんと払おうとしたんだけど、何らかの事情で払っていないことになってしまった場合
の二つがある。
①が非難される未納だろ!
②は結果として、保険料を払っていないことになっているが、非難されるものではない。
菅さんは、議員の身分では、国民年金にきちんと加入していた。
その後、厚生大臣になったときに、公務員共済に切り替わった。
普通、国民年金から公務員共済に切り替わったら、国民年金を脱退する。
菅さんも、そのような手続きをして、行政もそれを受理した。
ところが、大臣の共済だけは、健康保険しか加入できず、年金は加入できないらしい。
そうすると、国民年金は脱退せずに、そのまま加入し続けなければならない。
菅さんは脱退したことによって、未納が生じてしまった。
常識的には、というよりもちょっと知識がある者ならば、
国民年金と公務員共済が並立しないことは当然のこととして知っている。
知らないのは馬鹿な奴だけ。
それが、大臣のみ、国民年金と公務員共済が並立するっていうんだ。
そんな特例を誰が知ってるっていうの?
実際、菅さんの国民年金の脱退手続きを受理した役所もそんなこと知らんかったんだろ!
菅さんは、年金を払おうとして、きちんと公務員共済に切り替え、
通常の常識で国民年金を脱退した。
それなのに、法律の特例で、しかも行政の教示不足で、未納が生じてしまったんだ。
ほんとかわいそう。
それをオナニー新聞社やテレビも、怠慢で払っていない「未納」者連中といっしょくたにして、菅さんを未納扱いにし、その上、民主党の代表から引き摺り下ろした。
なにやってんだマスコミは。
菅さんに対して、未納・未納とオウムのように騒ぎ立て、菅さんの反論を全く聞かなかったキャスターもいたっけ。
僕は色々調べて、このような事情を把握した。
テレビ朝日のスーパーモーニングで、未納問題真っ盛りのとき、他の怠慢未納者といっしょくたに菅さんも並べられていたので、僕は違うとコメントした。
菅さんのこの辺りの経緯は、菅さんのサイトに詳細が載っています。
どうやら、社保庁は、自分たちの誤りを認めて、未納期間を取り消したそうじゃねえか。
オナニーマスコミよ、散々、菅さんの未納を騒ぎ立てながら、この事実についてはきちんと報道しているのかよ!
さらに大馬鹿野郎は、菅さんは、厚生労働大臣なんだから、年金に詳しくないといけない、特例も知っていなければならないとほざきやがる。馬鹿か!
厚生労働大臣は、厚生労働省のトップとしてやることがごまんとあるんだ。
こんな、特例中の特例をしっているのは、重箱の隅をつつくジャーナリストか、法律オタクの官僚か、それか、なりふり構わず情報リーク者を接待漬けにしている今回の産経新聞の記者くらいだろ。
確かに、事象をとらえれば、菅さんは「未納」になっていた。
だけど、「未納」と言えば、世間は、非難されるべき怠慢未納だと思うんだよ!!
情報の受け手がどう感じるか察しろよ。
菅さんは、全く非難に値しない、「未納」なんだ。
もう一度、小学校から国語を勉強し直しやがれ。
間違ってたんなら、きちんと訂正しろよ!
相手のことを気にしない、自己満足セックスは、すぐに彼女にそっぽを向かれる。
今のオナニー新聞は、それ以下だ。
彼女の目の前で、勝手にオナニーをしているようなもんだ。
そういうのもたまにゃいいのか知らんが、しまいには彼女にはそっぽを向かれるのは確実。
このままだと、強烈な競争の中で、情報の受け手のことを第一に考える、インターネットに、オナニー新聞は確実に抜かれるだろうね。

当時、週間ポストの連載で、年金未納問題についてきちんと書いたんだけど、やっぱり影響力はなかったな。
それほど、新聞社の影響力は凄いんだよ。
オナニー新聞社よ、心しろよ。!

by hashimoto-lo | 2006-05-24 14:53 | 「申告漏れ」報道について

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 民主党 新聞 ネット 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。