スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク

オランダの洋上風力発電が電気ではなく負債を生み出す装置になる



風車の国オランダだが風力発電はうまくいかない

チューリップと風車が有名なオランダですが、風車を発電に利用する方はあまり上手くいっていないようです。

海上に風車を設置する洋上風力発電は、人間の生活スペースから離れているので公害の影響も少なく、また海上では比較的風が安定しているなど期待がもたれていました。

しかし陸上の風力発電よりも工事やメンテンスに手間がかかり、コスト面ではかなり高くなってしまいます。そのため風力発電への補助金がかさみ、財政赤字の一因となっています。

オランダの洋上風力発電、コスト高で陰り
 しかし、それから5年たった現在、グリーンな将来は先のことのように見える。財政赤字削減を迫られたオランダ政府は、洋上風力発電は費用がかかりすぎる とし、キロワット時当たり0.18ユーロ(19円)の補助金を続けられないとしている。昨年1年間の補助金は約45億ユーロ(4650億円)に上った

 同政府は、この財政負担を一般家庭と産業界の需要家に転嫁し、一方で魅力的な民間部門の投資を呼び込もうとしている。消費者と企業への負担転嫁は13年1月に実施され、同時に、民間投資家は再生可能エネルギー・プロジェクトへの参加申請ができるようになる。

 ただ、民間への負担転嫁で得られるのは推定15億ユーロで、これまでの補助金支出の3分の1にすぎない。また、投資に関心のある団体なども風力発電よりも費用のかからない技術を選ぶと見られている。

洋上風力発電への補助金は1kWhあたり19円。補助金の合計金額は2010年はおよそ45億ユーロ(4650億円)ということです。オランダは人口やGDPは日本より一ケタ少ない小国なので、日本の規模で考えるとおよそ10倍の4兆円くらいのインパクトある金額です。

そこで財政負担を電力需要家に転嫁する、つまり電気代を値上げしようという話になっています。オランダ政府の財政赤字の削減のためには必要ですが、家庭や企業にとっては負担が増えることに。

 オランダの風力発電プロジェクトの将来は暗い。

 同国では何世紀にもわたり、低地から耕作地への水のくみ上げなどで風力が利用されてきた。しかし、風力への国民の熱い思いは冷めつつある。洋上設備の設 置、維持費用が高く、また、その格好の無様さが住民の不評を買っていることなどで、洋上風力発電は行き詰まり状態となった。

 洋上設備は陸上のものよりも発電効率がいいものの、資材や海底掘削の費用は高く、しかも保守は陸上設備より面倒だ。

 陸上風力発電にも障害がある。陸上でのプロジェクトのほぼ半分が住民とのトラブルを抱えている。背の高い設備が景観を壊すという主張の他、安全性や騒音への懸念も指摘されている。

 オランダのエネルギー消費に占める再生可能エネルギーの比率は4%にすぎない。同国は20年までにこれを14%に拡大することを目標としているが、極めて難しい情勢だ。

陸上設置タイプの風力発電は比較的コストが安上がりだったので上手くいくかと思われました。しかし設置数が増えるにつれて風力発電の問題点もあきらかになり、風車による低周波騒音の公害問題や、野鳥が風車に巻き込まれて死ぬバードストライクなど問題が出て、導入量が伸びなくなってきました。
日本に巨大風車はいらない

日本でも周辺環境への影響が表面化し、ついに風力発電にも環境アセスメントが義務付けられるようになっています。
風力発電所建設に環境アセスメントを義務付け


風力発電の問題点


オランダでは風車の動力を利用して干拓地を広げたり、農地に灌漑するなど、大昔から風車が使われてきました。麦を挽いたりするので英語ではウインドミルとも呼ばれます。
「世界は神が造ったが、オランダはオランダ人が造った」

オランダ風車とチューリップ

ただし風車を発電機として使うとなると、ちょっと問題が出てきます。風車が回るかどうかは風任せで、使いたい時に使いたい量の電気が発電できるとは限らない点です。

灌漑や粉挽きなら、仕事をした分だけ水や粉がたまっていく。途中で止まったりしても、1日の終わりに十分な結果がでていれば問題はありません。

しかし電気はためておく事が難しく、常に必要な分だけ発電する必要がある。風まかせの風力発電の発電量は一定にはならず、その変動を補うため他の火力発電所などで出力を上げ下げして対応するしかない。

そうなるとバックアップ用の火力発電は、物理的・経済的に負荷を強いられることになる。風力発電が電気を作りすぎれば、火力発電を止める必要が出てくる。逆に風が止まった場合に備えて、火力発電をいつでも動かせるようにスタンバイしておかなければならない。

その結果、火力発電の方ではコストばかり増えてしまうことになる。そのためドイツ等では、火力発電所の建設が進まなくなるという事態も招いている。

■ドイツ:ドイツ国内で石炭火力発電所の中止が相次ぐ[PDF]
 近年相次ぐ計画中止の主な理由には、地元住民や環境団体の反対運動が挙げられる。加えて、出力変動が激しい再エネ電源の急増により、石炭火力電源をフル稼働させることが難しくなり、それによって石炭火力の経済性が低下するリスクが出てきたのも計画断念の要因と考えられる。

風力発電のコストが多少安くなったといっても、そこにはバックアップ費用の計算が入っていない。本来必要なコストが他の発電所や消費者に押し付けられていて、実際よりも見かけ上安くなっている。外部不経済というもの。

蓄電池や揚水発電を利用する、という方法もあるが、蓄電はコストが非常に高い。ただでさえ高価な自然エネルギーに蓄電のコストまで追加されると、ますます高くなってしまい経済性がさらに悪くなる。
茨城県でのNAS電池の火災で、温度が低下しないため、約1ヶ月経過後も原因調査ができない状況とのこと

あとになって送電線が足りないとか、火力発電が足りない、蓄電が必要、電力供給が不安定になる、など問題が出てくることになる。
ドイツ、風力や送電網に26兆円必要


なぜ水力発電は補助金なしでも増えたか

日本ではあまり風車を見かけないが、水車小屋は日本でもわりとよく見られる。日本はイギリスやオーストリアに比べても1.5倍程度の降水量があり、ドイツやフランスと比べると2倍以上の降水量になっていて、水は豊富に得られる。
世界各国の降水量等

このあたりは電力事情にも影響していて、日本では水力発電が多い。揚水発電と一般水力発電の合計で、設備容量はおよそ20%弱。発電量の実績で見ると電力の10%弱をまかなっている。
よくある質問とその回答_電力・ガス関係_Q3

環境への影響など問題がないわけではないが、世界的に見ても水力発電は主力電源のひとつとして利用されている。
|ブラジル|先住民の生活や生態系を脅かす小型水力発電

水力発電が普及している理由は、大規模化すると効率がいいので比較的低コストであること。そしてダムを造れば水を貯めておけるので、発電量がコントロールできるという点にある。

もちろん水不足の時や、台風などで取水口にゴミがつまった時など、発電できなくなる場合もあります。それでも風力発電に比べれば安定している、という点で優れているので利用が進む。

十分な水量があり、ダムに適した地形など、立地が限られるので、どこにでも造れるわけではないのが難点。結局コスト高になったりする。日本にはもうあまり残っていない。

自然エネルギームラの村長さんに言わせると、原子力ムラが妨害したから自然エネルギーが普及しないそうですが、あの人にかかれば、脱ダムって言ってる人も、風車に迷惑する住人も、すべて自然エネルギーを潰すための陰謀ということになるのでしょう。

実際は十分なメリットがあれば普及するし、デメリットの方が大きければ導入は進まない、というだけの話です。オランダのように多額の補助金をつぎ込むことでメリットを増やし、国民や電力消費者がデメリットを肩代わりして背負うことで、無理やり普及させることもできます。それでも負担に耐えられなくなれば、チューリップバブルのように儚く散るだけかもしれませんが。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をブックマーク


タグ : 再生可能エネルギー 風力発電 オランダ 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここは酷いポートモレスビー作戦ですね

ココダ 遙かなる戦いの道―ニューギニア南海支隊・世界最強の抵抗 ニューギニア島のオーストラリア側の拠点であるポートモレスビー 海側から攻略する作戦は珊瑚海海戦により断念

まとめteみた.【オランダの洋上風力発電が電気ではなく負債を生み出す装置になる】

風車の国オランダだが風力発電はうまくいかないチューリップと風車が有名なオランダですが、風車を発電はあまり上手くいっていないようです。洋上の風力発電は、人間の生活スペースから離れているので公害の影響も少なく、海上では比較的風が安定しているなど期待がもたれ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。