自然エネルギーで瞬間停電が増加したドイツに停電補償制度が創設される

ドイツではここ3年間で、電圧や周波数の変動、瞬時の停電などが30%ほど増加しています。安定した電力供給の質が低下しているようです。→Instability in Power Grid Comes at High Cost for German Industry (電力網の不安定さがドイツの産業に重い負担を強いる)そのため停電などで被害が出た場合に、損害額の一部を補償するための法案が作成中だということです。電気料金に保険料を上乗せして徴収し、停電時にはそこから保険金を支...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー ドイツ 風力発電 

民主党案って誰得? 最低保障年金+所得比例年金方式を考える

民主党と、そして民主党から逃げ出した小沢さんが第一の党が掲げる「最低保障年金」なる年金制度の改革案があります。現在の制度では、納めた保険料(+同額の税金)に応じて、一定額が支給される国民年金(基礎年金)の1階部分。その上には、報酬に比例して決まる被用者年金(厚生年金や共済年金)の2階建てで出来ています。自営業者などの場合なら、2階部分は任意加入ですが国民年金基金などがあります民主党案では、この基礎年...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 社会保障 年金 

予算のムダ削減は失敗だったけど、次はエネルギーのムダを省きます

脱原発依存を掲げる政府の国家戦略室・エネルギー環境会議が出してきた3つにシナリオというのがあります。しかし、すべてのシナリオで経済成長率を低く想定したり、エネルギー消費の伸びを最小の値で見積もっていたり、全体的に甘めで都合のいい数字が並んでいます。かつての民主党のマニフェストを思わせるような、実現性が怪しいものに見えます。→重要文書・データ − 話そう"エネルギーと環境のみらい"そして、もし本当に実現す...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 民主党 

光熱費2倍で消費が減り、給料は下がって失業が増える 革新的エネルギー戦略

2030年代に原発ゼロにするという革新的エネルギー戦略というのが決定されたとか、いや閣議決定文を見るとそうでも無いとか、よくわからないことになっております。政治家というのは職業柄、目先の選挙戦略(人気取り)に気を使いながら、同時に10年も20年も先のエネルギー戦略を考えないといけないのですから、いろいろと大変なのでしょう。どちらにしろ、10年も20年も先のことなんてどうせ誰にもわからないのですから、将来に...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 民主党 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。