JPモルガンによるアメリカ電力市場の相場操縦問題と電力自由化

アメリカでは金融機関による電力市場での相場操縦が発覚して、ちょっとした話題になっています。JPモルガンや、バークレイズ、ドイツ銀行などが摘発されています。⇒米規制当局、JPモルガンを行政処分へ⇒英バークレイズに電力取引操作で約350億円の制裁金-米当局 発電所の更新を妨害して電力需給をひっ迫させ、電力価格をつり上げようとしていた、とか。かつてのカリフォルニア電力危機と同じ構図ですね。⇒カリフォルニア電力...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : アメリカ 

太陽電池最大手サンテックパワーの不正会計とイタリアでの補助金詐欺疑惑

ヨーロッパの太陽光バブルに乗っかって、EUに向けた大量輸出で太陽電池の生産量世界一になった中国の太陽電池メーカー。ヨーロッパ各国の太陽光発電向け補助金の削減され、補助金バブルがはじけると、中国の太陽電池メーカーも一転して倒産の危機に陥っています。それに加えて、最大手のサンテックパワー(尚德電力)では子会社の投資ファンドに絡んだ不正疑惑も出ていて、どう転んでも上場廃止は避けられない見通しで会社の存続自...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 太陽光発電 中国 風力発電 イタリア 

ドイツの太陽光発電用パワコン大手SMAソーラーが1000人規模の人員削減

ドイツの太陽光発電用のパワーコンディショナー大手、SMAソーラーテクノロジーが売り上げの減少予測と人員削減策を発表しています。⇒SMA Solar sees severe sales decline, potential loss in 2013SMAソーラーはパワーコンディショナーで世界シェアの4割をにぎる大手。パワーコンディショナー(インバーター)は、太陽光で発電された電気を直流から交流に変換する装置のこと。売り上げ減少の見通しとリストラ策の発表があった日に...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 太陽光発電 ドイツ 

再生可能エネルギーの負担増加で、77%のドイツ人が音を上げる

ドイツは再生可能エネルギーの先進国らしいですが、電気代の上昇スピードも先進的すぎて、さすがのドイツ人も音を上げているようです。⇒賦課金引き上げ、8割が反対=電気代高騰に反発-独調査ドイツ国営放送ZDFの世論調査では、再生可能エネルギーの負担金の引き上げについて、77%が「賛成できない」と答えています。「賛成」は21%、「その他」が2%。⇒Jeder Dritte findet Energiewende zu schnellドイツでは先日、再生可能エネル...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 自然エネルギー ドイツ 

太陽光発電に税金を課し、高すぎた補助金を払い戻させるスペインの制度

ここ最近、再生可能エネルギーへの優遇策を見直しているスペイン政府。今度は、太陽光発電などの売電収入に対して課税する、という法律が作られる方向です。スペインは再生可能エネルギーを普及させるため、自然エネルギーを高値で25年~28年間買い取り続ける、という補助政策をやっていました。それが裏目に出て、投機目的に太陽光発電などが大量に設置される自然エネルギーバブル的な状況が発生。自然エネルギーを25年以上買取り...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 スペイン 税金 

ドイツの電気代が1年で11%も上がり、80万世帯が電気代を払えなくなる

ドイツで10月15日に発表された2013年再生可能エネルギー買取費用の分担金は、1kWhあたり5.3ユーロセント。2012年現在は同3.6ユーロセントなので、1年でほぼ1.5倍に増えることになります。⇒Political storm brews as German energy prices set to surgeわずか1年で1kWhあたり1.7ユーロセント、2円近くも上がるのですから、固定買取制度(FIT)が電気代に与える影響にはすさまじいものがあります。しかも固定価格での買取りは今後20...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー ドイツ 太陽光発電 

航空機事故の原因で最も多いのは操縦ミス モロッコのオスプレイ事故調査

モロッコで墜落したアメリカ海兵隊のMV‐22Bオスプレイの事故調査結果は、操縦ミスであるという結論で落ち着いたようです。→オスプレイ:モロッコ事故は操縦ミスが原因 米側が説明もともと航空機事故の最多要因はパイロットのミスによるものなので、特に珍しくもない事ですね。一説には航空機事故の7割~8割はパイロットに関係するものとも言われますが、死亡者が出た事故だけに限っても、パイロットの操縦ミスだけで事故原因の半分...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : アメリカ 

自治州で"ミニ国家"を乱立させたスペインの地方自治制度は過剰だった

スペイン中央政府が地方の権限を取り上げるスペイン:地方分権は過ちだった、今年200億ユーロ削減へ-高官   4月12日(ブルームバーグ):スペイン地方政策省のアントニオ・ベテタ次官は12日、国内17州に自治権を与えたのは過ちだったとの見解を示した。ベテタ次官はマドリードで、「1978年の地方自治制度で発生した最も過剰なものは17州それぞれに小国家を複製したことだ」と発言。自然エネルギーの固定買取を停止するなど、財政...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 地方分権 スペイン 財政 

ドイツ"脱太陽光"法案の可決と、太陽電池大手Qセルズ社の破産申請

太陽光の補助金カット法案がドイツ下院で可決先日、太陽光発電の固定買取制度(FIT)の見直しについての法案が、ドイツ下院で可決されました。まだ上院での審議が残っていますが、上院でも可決されれば、4月1日までさかのぼって引き下げが適用される見通し。→ドイツの太陽光発電政策、大きな方針転換...買取価格の大幅引き下げ法案可決 ドイツは再生エネルギーの普及を図るため、送電事業者に買い取りを義務づける「固定価格買...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 ドイツ 

オランダの洋上風力発電が電気ではなく負債を生み出す装置になる

風車の国オランダだが風力発電はうまくいかないチューリップと風車が有名なオランダですが、風車を発電に利用する方はあまり上手くいっていないようです。海上に風車を設置する洋上風力発電は、人間の生活スペースから離れているので公害の影響も少なく、また海上では比較的風が安定しているなど期待がもたれていました。しかし陸上の風力発電よりも工事やメンテンスに手間がかかり、コスト面ではかなり高くなってしまいます。その...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 風力発電 オランダ 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。