風力や太陽光による電力系統の不安定化と、再生可能エネルギー法の課題

発電コスト以外の課題再生可能エネルギー法では、自然エネルギーによる電力を高値固定して買取することで、太陽光パネルや風車など発電設備を普及させることが謳われている。普及が進めばコストも下がる、とされている。再生エネルギーの問題点のひとつであるコストの高さを、全量固定価格買取制度(FIT)という補助金で支える仕組み。FITの導入によって、再生可能エネルギーの割合は4~5%増加すると試算されている。この...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 自然エネルギー 太陽光発電 風力発電 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。