ドイツの太陽光発電用パワコン大手SMAソーラーが1000人規模の人員削減

ドイツの太陽光発電用のパワーコンディショナー大手、SMAソーラーテクノロジーが売り上げの減少予測と人員削減策を発表しています。⇒SMA Solar sees severe sales decline, potential loss in 2013SMAソーラーはパワーコンディショナーで世界シェアの4割をにぎる大手。パワーコンディショナー(インバーター)は、太陽光で発電された電気を直流から交流に変換する装置のこと。売り上げ減少の見通しとリストラ策の発表があった日に...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 太陽光発電 ドイツ 

再生可能エネルギーの負担増加で、77%のドイツ人が音を上げる

ドイツは再生可能エネルギーの先進国らしいですが、電気代の上昇スピードも先進的すぎて、さすがのドイツ人も音を上げているようです。⇒賦課金引き上げ、8割が反対=電気代高騰に反発-独調査ドイツ国営放送ZDFの世論調査では、再生可能エネルギーの負担金の引き上げについて、77%が「賛成できない」と答えています。「賛成」は21%、「その他」が2%。⇒Jeder Dritte findet Energiewende zu schnellドイツでは先日、再生可能エネル...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 自然エネルギー ドイツ 

ドイツの電気代が1年で11%も上がり、80万世帯が電気代を払えなくなる

ドイツで10月15日に発表された2013年再生可能エネルギー買取費用の分担金は、1kWhあたり5.3ユーロセント。2012年現在は同3.6ユーロセントなので、1年でほぼ1.5倍に増えることになります。⇒Political storm brews as German energy prices set to surgeわずか1年で1kWhあたり1.7ユーロセント、2円近くも上がるのですから、固定買取制度(FIT)が電気代に与える影響にはすさまじいものがあります。しかも固定価格での買取りは今後20...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー ドイツ 太陽光発電 

自然エネルギーで瞬間停電が増加したドイツに停電補償制度が創設される

ドイツではここ3年間で、電圧や周波数の変動、瞬時の停電などが30%ほど増加しています。安定した電力供給の質が低下しているようです。→Instability in Power Grid Comes at High Cost for German Industry (電力網の不安定さがドイツの産業に重い負担を強いる)そのため停電などで被害が出た場合に、損害額の一部を補償するための法案が作成中だということです。電気料金に保険料を上乗せして徴収し、停電時にはそこから保険金を支...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー ドイツ 風力発電 

太陽光発電による電気料金の値上げをめぐり、ドイツで訴訟沙汰に発展

再生可能エネルギーの導入によって電気料金が急激に値上がりしているドイツで、「再生可能エネルギーの助成金のために生じるEEGの分担金は違憲である」との訴えが起こされました。→14 - 21 August 2012 再生可能エネルギー法めぐり違憲訴訟 繊維衣料品産業連盟が訴えドイツで発電された電力の2割ほどが再生可能エネルギー、日本では水力発電を中心にまだ発電量の1割ほど。現在はドイツの方が1割程度多いですが、その代わりに電...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 ドイツ 

ドイツ"脱太陽光"法案の可決と、太陽電池大手Qセルズ社の破産申請

太陽光の補助金カット法案がドイツ下院で可決先日、太陽光発電の固定買取制度(FIT)の見直しについての法案が、ドイツ下院で可決されました。まだ上院での審議が残っていますが、上院でも可決されれば、4月1日までさかのぼって引き下げが適用される見通し。→ドイツの太陽光発電政策、大きな方針転換...買取価格の大幅引き下げ法案可決 ドイツは再生エネルギーの普及を図るため、送電事業者に買い取りを義務づける「固定価格買...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 ドイツ 

脱原発-自然エネルギー推進-CO2削減の三兎を追って袋小路のドイツ

原子力の代替電源探しに苦労するドイツ昨年古い原子力発電所を停止したドイツ。まだ残り半分の原子力発電所は稼動中だが、それでも電力の安定供給にかなり苦労しているようです。→[FT]原発停止の影響にもがくドイツ (2012年3月27日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)急な需要に対応できない送電網、あわや停電の危機 昨年3月の日本の原発事故の直後に、ドイツの原発17基のうち8基が停止されて以来、ドイツの送電線は急な需要に...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー ドイツ 

再生可能エネルギーに生じる不公平さと格差の問題

数ある再生可能エネルギーの中で太陽光発電だけバブルが起きた理由 の続き太陽光に有利すぎて、相対的に他の発電は魅力が薄い水力や地熱やバイオマスは比較的安定して発電できる利点がある。しかしこれらは周辺環境への影響が大きいので、地元自治体や周辺住人との調整など、手間も時間もかかってしまう。反対運動でプロジェクトが中止に追い込まれる場合もありうる。それだけの手間をかけても、事業者や投資家にとっては発電量が...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 風力発電 ドイツ イギリス 

数ある再生可能エネルギーの中で太陽光発電だけバブルが起きた理由

発電源としては脇役の太陽光発電がバブルの主役に太陽光発電はお日様任せという発電の仕組み上、発電量が安定しない。発電効率も低いために高コストになりがちで、エネルギー源としてみると脇役にしかなれない。昼間も雲がかかれば半分になり、雨が降れば発電量は10%以下まで落ちる。夜になって日が落ちると完全に止まる。地域にもよるが、平均稼働率は10%前後といったところ。 また夏に気温が上がると太陽光発電は効率が落ち...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 風力発電 ドイツ イギリス 

ドイツの風力発電や太陽光発電の不安定さに隣国チェコが迷惑してる

ドイツの風力・太陽光の電気が余ってお隣チェコの電力網に流れ込むチェコの電力網を管理するCEPS(チェコエネルギー送電システム)が発表したところでは、昨年2011年にはドイツ-チェコ間で予定外の電力の流れが繰り返し、かつ頻繁におきていた、とのことです。→チェコのグリッドオペレーターがドイツからの電力オーバーフローを警告(google翻訳)特に深刻だったのが、11月25日から12月16日の間で、平常時は1000メガワットのと...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 風力発電 ドイツ 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。