北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者

北海道のメガソーラーの受入可能枠がいっぱいになって買取が制限される件で、某ソフトバンクの社長が文句を言っているとかいないとか。⇒北電の太陽光エネルギー受け入れ制限 ソフトバンク孫社長が批判-北海道新聞どうやら計画していたメガソーラーのうち3箇所、合計18万kW相当が受け入れ上限に引っかかって、建設断念という方向になるようです。⇒ソフトバンク メガソーラー 苫東で半減、八雲は断念へ 18万キロワット減-北...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない

再生可能エネルギーの固定買取制度(FIT)が始まって以来の、制度対象に認定された設備容量が発表されていました。本来は発電容量だけでなく、実際の発電量を比較してみる必要がありますが、まあ増え方の傾向を見るにはいいでしょう。⇒再生可能エネルギー発電設備の導入状況を公表します(METI/経済産業省)FIT導入までの日本では割当制度(RPS)のもとで、中小水力発電や住宅用の太陽光発電、風力やバイオマスなどが中心に、わりと...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった

メガソーラー発電事業者が北海道に殺到したために、2メガワット以上の分については早くも1年目で受け入れ可能量を越えてしまった、という件について。全国の太陽光発電のうち、およそ3割が北海道に集中するという異常な状態になっていたようです。⇒メガソーラー:買い取り申請87件 北電の受け入れ可能量上回る /北海道⇒[PDF] 北海道における大規模太陽光発電の接続についての対応を公表します / 経済産業省なぜ北海道なのか...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい

カナダのオンタリオ州が自国製の太陽電池を優遇していた問題で、日本やEUの主張が認められて、カナダの地元優遇措置がWTOルールに違反することが確定しました。⇒時事ドットコム:日本、カナダに勝訴確定=太陽光発電制度で差別-WTO上級委これは逆に、日本に外国製の太陽光発電装置が入ってくることも防いではいけない、ということでもあります。日本でもメガソーラーなどの固定買取制度がはじまっているので、日本が勝っ...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 再生可能エネルギー 太陽光発電 中国 アメリカ 

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本

OECDの農業保護指標のひとつに、TSE(Total Support Estimate:助成総額)というものがあります。⇒2012 J) OECD countries : Total Support Estimate by country農業部門に対してどの程度の助成が行われているか表す数値。関税等により農産物価格が高く維持された場合の消費者負担の他に、「研究、インフラ、検査、マーケティング、販売促進などの農業向け一般サービスへの助成」など、関連するあらゆる補助金による納税者負担も含...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 農業 アメリカ TPP FTA 

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること

TPP交渉に絡んでなのか、農業政策に関する話題が盛り上がっております。まあ議論するのはいいのですが、正しいようで正しくない議論が蔓延しているのが、ちょっと問題のような気がします。「日本は農業を保護しているからダメなんだ」とか、「補助金に頼らない強い農業を目指すべきだ」とか。日本の農業政策や貿易交渉に関しての議論が、どうにもかみあっていないような印象を受けるのは、根本的な部分での誤解があるからなんで...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 農業 アメリカ EU TPP FTA 

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論-

政権交代で連立与党に返り咲いた公明党が、軽減税率の導入をかなり強く主張しています。⇒消費税8%時に軽減税率 公明党が政権公約 民主党政権時代に、民主・自民・公明で税と社会保障の一体改革について3党合意を結んでいます。なので、公明党は共産党あたりとは違って、消費税の増税そのものには反対していません。連立を組む自民党は、少なくとも8%段階での軽減税率に乗り気ではないようですし、民主党も軽減税率という話に...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 税金 公明党 社会保障 

未来の党に未来なんてなかった衆議員選挙

衆議員議員選挙も終わって、3年前には300議席取った民主党が60議席にも満たない水準まで落ちる結末に。逆に自民党が300議席近く、公明党とあわせて3分の2をも越えるということで、完全にひっくり返ってしまいました。2大政党制を目指しての小選挙区制度ですから、こういうことは起きうるわけですが。民主党の議席があまりにも減りすぎて、第3極だか第4極もまとまれず終い。2大政党というよりは、1大政党とその他の...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 社会保障 

JPモルガンによるアメリカ電力市場の相場操縦問題と電力自由化

アメリカでは金融機関による電力市場での相場操縦が発覚して、ちょっとした話題になっています。JPモルガンや、バークレイズ、ドイツ銀行などが摘発されています。⇒米規制当局、JPモルガンを行政処分へ⇒英バークレイズに電力取引操作で約350億円の制裁金-米当局 発電所の更新を妨害して電力需給をひっ迫させ、電力価格をつり上げようとしていた、とか。かつてのカリフォルニア電力危機と同じ構図ですね。⇒カリフォルニア電力...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : アメリカ 

太陽電池最大手サンテックパワーの不正会計とイタリアでの補助金詐欺疑惑

ヨーロッパの太陽光バブルに乗っかって、EUに向けた大量輸出で太陽電池の生産量世界一になった中国の太陽電池メーカー。ヨーロッパ各国の太陽光発電向け補助金の削減され、補助金バブルがはじけると、中国の太陽電池メーカーも一転して倒産の危機に陥っています。それに加えて、最大手のサンテックパワー(尚德電力)では子会社の投資ファンドに絡んだ不正疑惑も出ていて、どう転んでも上場廃止は避けられない見通しで会社の存続自...

本文を読む はてなuser [はてなブックマークコメントを表示]


タグ : 太陽光発電 中国 風力発電 イタリア 

最新記事
北海道の太陽光発電は、電力消費ピーク時間に発電量が0になる厄介者 user

FIT開始8ヶ月で、太陽光発電に7兆円の補助金が必要になったかもしれない user

北海道電力のメガソーラー受け入れ枠は競争入札で決めればよかった user

外国製メガソーラーにWTOのお墨付き、もう太陽光発電は住宅用だけでいい user

農業セクターへの助成総額を2倍に増やしたアメリカ、2/3に減らした日本 user

「攻めの農業」とは、補助金ジャブジャブにして安売り攻勢をしかけること user

聖教新聞を非課税にしようとがんばる公明党 -消費税の軽減税率導入論- user

過去の記事一覧
AD
FC2ブログ内検索
カテゴリから記事を探す
キーワードタグから記事を探す
RSSリンクの表示
リンク・転載・引用などはご自由にどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。